AKB48島崎遥香、第3回じゃんけん選抜大会を制す

ぱるるV 秋元氏「持ってる」/AKB - BIGLOBEニュース  たかがじゃんけん、されどじゃんけんでした。じゃんけんという最もシンプルなゲームでこれだけ盛り上げるという、AKBの持つコンテンツ力に脱帽です。3回目となる今年のじゃんけん大会は、TBSがなんと生中継、ゲストに田原総一郎と亀田興毅という、全くアイドルに似つかわしくないシュールな取り合わせでした。もちろんまともに解説なんか…

続きを読む

AKB48大島優子は、卒業でけじめをつけるべき

   今週発売の週刊文春で、先月卒業したばかりの前田敦子が、合コンで醜態をさらしてしまったのはすでに広く知られています。卒業してすぐに、こんな姿をさらすのは、あれだけ感動的に応援してくれていたファンに対して、何を考えているんだとも思いますが、卒業してるんだから、まぁしょうがないでしょう。  問題はこの合コンの席にいた、大島優子と仲川遙香。AKBは私的交際は禁止、HKT48の大量卒業もこれが原…

続きを読む

AKB48 27thシングル「ギンガムチェック」

  第4回選抜総選挙の結果曲、キャッチコピーは「いい曲だなあ… AKBっぽいね」です。確かにアイドルの王道を行くような曲ですが、今回と同じ、一昨年の大島センター曲「ヘビーローテーション」に比べると、インパクトと弱い気がします。「ヘビロテ」は、今でもカラオケで一番多く歌われるほどの名曲、この曲を超える曲はもう出ないかな.....  ギンガムチェックとは、同じ太さの縞模様を交差させたチェック柄…

続きを読む

あっちゃん、万感の思いを胸にAKB48を卒業

 前田敦子、AKB48卒業に万感「最高の7年間でした」  人気アイドルグループ・AKB48の“絶対的エース”前田敦子(21)の「卒業公演」が27日、ホームのAKB48劇場(東京・秋葉原)で行われた。競争率916.38倍のプレミアムチケットを手にした幸運な250人のファンに見守られるなか、1期生として14歳で加入した前田は万感の思いを込めて「最高の7年間でした」とあいさつ。公演前「昨日たく…

続きを読む

AKB48ドーム公演最終日 あっちゃん惜別の涙

 前田敦子、東京ドーム千秋楽で涙、涙…「AKBは青春のすべてでした」  人気アイドルグループ・AKB48が26日、念願の東京ドーム3夜連続公演の千秋楽を行った。アンコール明け、4万8000人の“あっちゃん”コールに迎え入れられ、純白のドレスでスポットライトを浴びた前田敦子(21)は「正直、すごく寂しいです」と涙ながらに本音を吐露。「ですが、自分で選んだ道。ここから前に歩き出していきたいと…

続きを読む

AKB48ドーム公演2日目のサプライズは、たかみなのソロ・デビュー決定!

AKBたかみな、“7年目の正直”で夢のソロデビュー決定! 前田らメンバー号泣  AKB48の高橋みなみ(21)がソロデビューすることが決定した。25日、東京ドーム公演2日目のアンコールで盟友・前田敦子(21)との涙のデュエットのあと、前田が「秋元先生から預かってきたプレゼントがある」と紹介。VTRで登場したユニバーサルミュージック最高責任者のマックス・ホール氏が「我々と共に、あなたの歌を…

続きを読む

AKB48東京ドーム公演のサプライズは、移籍祭りだった

佐江、まりあSNHへ高城、仲川JKTへ - BIGLOBEニュース  夢のドーム公演がスタートしましたが、その初日はなんと、チームの再編成でした。しかも左遷人事あり。まずは今回発表の新チーム体制を。 チームA 22名 高橋みなみ チームA ※AKB48グループ総監督に任命。 篠田麻里子 チームA ※高橋みなみに代わり、チームAのキャプテンに任命。…

続きを読む

【私的昭和名曲撰】第18回「モンロー・ウォーク」~南 佳孝

  夏真っ盛り、海・山の季節です。子どもの頃、湘南の海岸べりで育った私は、夏といえば、海しか頭にありませんでした。烏帽子岩は、まだ歌詞には登場しておりませんが、夏の定番、大磯ロングビーチは少し敷居の高い、あこがれのスポットでありました。この「モンロー・ウォーク」が発売された1979年、大磯ロングビーチのキャンペンガールはアグネス・ラム、曲のイメージにぴったりでした。  そんなわけで、「モン…

続きを読む

【私的昭和名曲撰】第17回「ひと夏の経験」~山口百恵

  私、徳田の“神推し”山口百恵様も引退から30有余年、もはや伝説のアイドルとなっております。たった7年半という短い活動期間の中で、これほど鮮烈な記憶を、今なお多くの人にとどめる歌手はいないでしょう。森昌子、桜田淳子らと共に、~花の中三トリオ~と呼ばれていましたが、当初は、三人の中では三番手の存在でした。そうした中で、いちやくトップアイドルへと押し上げたのが、この「ひと夏の経験」。俗に『青い…

続きを読む

「ビューティフルレイン」 フジテレビ

 不治の病とけなげな少女という、泣かせる要素満載の鉄板ドラマです。私は、こういうの大、大、大好きです。古くは「愛と死を見つめて」や「赤い疑惑」など、完全にやられました。その意味で、「ビューティフルレイン」も完全にツボなんですが、視聴率的にはやや苦戦みたいです。初回こそ12.9%いたものの、2話、3話はそれぞれ9.5%、8.6%とジリ貧状態。これはやばいぞと思いましたが、4話で13…

続きを読む

【私的昭和名曲撰】第15回「夏のお嬢さん」~榊原郁恵

 西の元祖巨乳アイドルが河合奈保子なら、東は榊原郁恵で異論はないでしょう。厚木の中学校で先輩だったというゼミの同級生、天利武彦君は、郁恵ちゃんの大ファンでした。その天利君、ゼミの同級生の中で唯一、行方が分かりません。どうしているのでしょうか。会いたいです。  「私の先生」で、1977年デビュー、アイドル黄金時代の80年アイドルよりは一世代前の人です。  さて当時のアイドル情勢はといえば、…

続きを読む

安藤美姫、モロゾフコーチと破局が確定!

 記事では師弟関係としか書いてないが、恋人関係にあったのは公然の事実。バツ3男が、弟子に手を出したわけだが、モロゾフ(チョコレートではない)のこれまでのバツ3もすべて弟子。女癖の悪さを、美樹はわからなかったのか。  今回も別に女を作った結果、破局となってしまったようだが、最近のツイッターにはメンタル的にどうかと思う記載があったようだ。  「I need the light i…

続きを読む

第3回じゃんけん選抜―指原、予想通り予備選で敗退

 下半身のスキャンダルで、HKT48に左遷された指原ですが、じゃんけん選抜大会も、AKB時代のいきなり本選出場という特権も失い、予備選からスタート。本人の意気込みとは裏腹に、瞬殺の負け。  でも、大方の予想通りの結果でした。別の意味で、期待を裏切らないキャラであります。それにしても、SKE48のW松井やNMB48の山本、渡辺なども敗退、今年は意外なメンバーが上位に来るかもしれま…

続きを読む

【私的昭和名曲撰】第14回「恋のバカンス」~ザ・ピーナッツ

 元ザ・ピーナッツの伊藤エミ(本名:沢田日出代)さんの訃報が流れました。合掌。  双子のデュオといえば、ザ・ピーナッツをそのトップとして推すことに異存のある人は少ないでしょう。ザ・ピーナッツ以後、ザ・リリーズ、リンリン・ランラン、祐子と弥生など双子デュオはいくつも生まれましたが、いずれもザ・ピーナッツには遠く及びません。三倉茉奈・佳奈はNHKの朝ドラ『だんだん』で、美しいハーモニーを聞かせ…

続きを読む

AKB指原、週刊文春報道を認め、HKT48へ左遷

  週刊文春に元カレから、交際を暴露されてしまったさしはら。本日のオールナイトニッポンで秋元P同席のもと、事実関係を認め、合わせてHKT48への移籍が発表になりました。以下、サンスポの配信。  14日発売の「週刊文春」で元カレと名乗る男性に交際当時の様子を暴露された、AKB48の指原莉乃(19)が16日未明、ニッポン放送のラジオ番組「AKB48のオールナイトニッポン」で「その人とお友達…

続きを読む

松田聖子、電撃の再々婚!お相手は慶応大病院勤務との情報も

 松田聖子が何と、電撃再々婚! 以下はZAKZAKの記事から  かつてスキャンダル女王の名をほしいままにしたベテラン歌手、松田聖子(50)がまたもや電撃婚だ。聖子は13日午後、公式ホームページで、同世代の大学准教授の一般男性と結婚・入籍したことを発表した。聖子の所属事務所は夕刊フジの取材に「きょう婚姻届を提出した。会見はしません」と述べた。聖子は2000年12月に離婚して以来、3度目の結婚…

続きを読む

AKB48第4回選抜総選挙~大島圧勝、みぃちゃん選抜入り!!

 いまや国民的イベントとなった?AKB48第4回選抜総選挙は、やゆゆ(渡辺麻友)とゆきりん(柏木由紀)の挑戦を退けた大島優子が3万票以上の大差をつけて、圧勝しました。よかった。そして2位のまゆゆのコメント、来年は1位を目指すのコメントも、新たな時代の胎動を感じさせます。  問題は4位の指原。麻里子様やオリメンをごぼう抜きしての大躍進ですが、実力や覚悟がどこまであるのやら.......。いい…

続きを読む

AKB48 26thシングル「真夏のSounds good!」

  総選挙にばかり目が行き、肝心の曲の方の紹介を忘れておりました。初回出荷が200万枚ということですが、ものすごい数字です。CDが売れなくなったと言われて久しいのですが、AKB48はレコード業界のまさに旧聖書と言ったところでしょうか。  「ポーテールとシュシュ」、「Everyday、カチューシャ」から3年連続の水着シリーズ。選挙を意識した配慮でしょうが、ちっともエロさを感じないのは、年のせいか…

続きを読む

「第4回AKB48選抜総選挙」投票結果速報(真夏のSounds good!)

   予想どおり、首位は大島で順当。2位には柏木がつけるが、ワタナベプロの強力押しが功を奏している。指原4位は、太田プロの前田分の票の恩恵か。同じことは、12位の横山にも言える。尾木プロは、今回は渡辺麻友に票を集中させるつもりだろう。そうなると、小島やみぃちゃん(峯岸みなみ)は厳しくなる。  最低限の目標は16位。ここに入ればいいのであって、高望みはすまい。さて、気になるみぃちゃんは、昨年と…

続きを読む

【私的昭和名曲撰】第10回「想い出のセレナーデ」~天地真理

  さて、前回好評(?)だった『まりちゃんズ』のグループ名の由来と言われていた(実際は違ったらしい)天地真理の1974年、後期の名曲「想い出のセレナーデ」である。  満面の笑みを浮かべて歌う、真理ちゃんとはかけ離れて、一転、愁いを帯びた表情は、アイドルとしての天気であったのかもしれない。しかし実際は、アイドルからの脱皮に失敗、これが最後の紅白出場曲となってしまった。  また、精神的に病ん…

続きを読む

【私的昭和名曲撰】第8回「閉ざされた町」~カルメン・マキ&OZ

 先週来のモヤモヤをブッ飛ばすためにパワフルな曲を上げておきたい。  学生時代、友人のI君が、昼飯を食っている時、突然明日コンサートに行かないかと誘ってきた。出演はカルメン・マキだという。「時には母のない子のように」など、無表情で歌っていたあのカルメン・マキのコンサート?、訝しく思った。私はロックに転向していたカルメン・マキをよく知らなかったのだ。  場所は日本青年館だと記憶するが、神田…

続きを読む

AKB48 東京ドームコンサート決定!

   http://journal.mycom.co.jp/news/2012/03/24/025/index.html      ついにというか、とうとうというか夢の東京ドームコンサートが決定しました。このコンサートは特別な意味を持つことから、2chではネットでは、「終幕へ向かうのか…」「目標達成で解散するんか?」「絶頂期のうちにやっておこうという事か。でもそしたらその後はどうすん…

続きを読む

AKB48 25thシングル「GIVE ME FIVE!」

 “一生分、泣いたら、ハイタッチしよう!”  2008年以来、この時期のAKB48の新曲は卒業ソング。これまでずっと桜をテーマにしたものだったのですが、今回はタイトルに桜はありません。でも歌詞にはちゃんと入ってます。  2010年の「桜の栞」、2011年の「桜の木になろう」はしっとりと聞かせる名曲でしたが、今回はアップテンポのガールズロック調。しかも選抜メンバーが楽器を演奏しているという…

続きを読む

AKB48「上からマリコ」~6作連続ミリオン達成!

    前田も大島も柏木もいない、しかし麻里子様は強かった、ということですね。麻里子様は初センター曲「上からマリコ」、ミリオン達成でございます。  初動売上は119.9万枚であり、オリコンチャートのシングル史上5番目に高い枚数を記録したほか、4作連続で初動のみでのミリオンセラーを達成しました。累積売上での達成を含めた場合、ミリオンセラーは5作連続・通算6作目であり、5作連続の達成はGLAY(…

続きを読む

AKB48 24thシングル「上からマリコ」~12月7日発売

   AKB48の24枚目のシングル「上からマリコ」が12月27日に発売になります。ご存知のように、9月24日に行われたじゃんけん大会の結果曲です。結果は、麻里子さま優勝、そしてみぃちゃん(峯岸みなみ)第3位と大健闘。  早くもフルPVが、中国のサイトでアップ。怪しからん違法サイトですが、参考までに。  物語は、生徒会長をじゃんけんで決まるというもの。冒頭、じゃんけん大会の2位から4位(藤…

続きを読む

AKB48 23rdシングル「風は吹いている」発売

 ~少しずつ、前に進もう~  東日本大震災チャリティーシングルは、初日でミリオン達成の快挙。これまで発売されたシングル曲とはいささか趣が異なり、明るさ、軽快さ、乗りの良さなどとは無縁。深刻な歌詞、重いリズム、決して聞き飛ばすことはできない内容ですが、実は公演曲ではこれまでもこういう曲はありました。  過去に取り上げた「目撃者」、「Stand up」、「メロスの道」などAKBには、アイ…

続きを読む

仮面ライダーV3 第23話「恐怖!墓場から来た吸血男」

 「東映特撮 YouTube Official」は、こちらから。 【あらすじ】  湖畔を4人の男女が、楽しそうにサイクリングをしている。そこに、謎のプロペラが飛来し、デストロンの怪人プロペラカブト(鳴き声「プルルルー」)が出現、4人を拉致していく。  デストロンのアジトでは、女が血を抜かれており、パジャマ姿の男が、その血を欲しがっている。ドクトルGが、その血を与えてやると男は、うまそう…

続きを読む

河合奈保子~「ハーフムーン・セレナーデ」

 3連休、秋の高気圧に覆われて、さわやかな天気になりました。今夜も月のきれいな夜です。そんな月を見ていて、頭の中によみがえってきた曲があります。もう25年も前の曲、昭和の巨乳アイドル河合奈保子さんの『ハーフムーン・セレナーデ』。  発売は1986年、当時彼女は23歳です。この時代は、23歳ともなれば、アイドルとしては転機を迎える年ごろでした。今は、25歳の篠田麻里子さまでも立派なアイドルで…

続きを読む

AKB48 22ndシングル「フライングゲット」発売

 AKB48の22ndシングル「フライングゲット」が発売初日に、102.6万枚のミリオンとは驚き。オリコン史上初だそうです。それにしても、第3回選抜総選挙投票用の曲だった「Everyday、カチューシャ」の初日よりいくとは.....  曲のほうは、最初、早すぎて何言ってんのかよくわかんなかったです。『~on the beach』のところが、オッパピーに聞こえるし.....でも、慣れというものは…

続きを読む