ドラゴンクエストⅩ目覚めし五つの種族オンライン モンスターフィギュアコレクション

  久々の食玩レビューです。ペプシネックスの首掛けキャンペーンで、ドラゴンクエストのモンスターフィギュア付いてきています。ドラゴンクエストⅩの発売を記念してのタイアップなんですが、首掛けフィギュアに食指が動いたのは、本当に久しぶりです。  というのも、公取の指導により、首掛けキャンペーンの中身がわかるようになってから、おまけの水準がジリ貧状態になっていたからです。特に、海洋堂手を引いてからはそ…

続きを読む

BOSS懐かしのヒット曲歌謡祭《80年代~90年代》

  『私的昭和名曲撰』で取り上げている曲は、昭和時代にリリースされた曲なので、1988年まで(ちなみに昭和最後の日は、1989年1月7日)です。この時代のシングル曲は、全てEPレコードというアナログ盤でした。1982年からCD時代に入っており、1980年代の半ばにはアルバムはCDに変わっておりました。ところがシングル規格は大幅に遅れ、シングル規格の8cmCDがリリースされたのは1989年からでし…

続きを読む

旭山動物園カプセル・ズーVOL.3~旭山動物園ヴィネット

 久々の海洋堂の王道、動物フィギュア(このブログも久々)です。今年の海洋堂のフィギュアは、横浜開港150周年記念公式カプセルフィギュアや「海のエジプト展」などありましたが、今ひとつの感がありました。しかし、原点に帰ったこの動物フィギュアは出来が違います。なんというか、熟練の職人が精魂込めて作り上げた、匠の技のような風格さえ感じられます。  今回改めて見ると動物たちの表情がなんと豊かなことか。5…

続きを読む

HDM創絶 仮面ライダー ~鮮緑の疾風編

 HDM創絶の昭和仮面ライダーシリーズ第2弾。そろそろクオリティ低下が懸念される頃ですが、相変わらずいい水準いたしています。  造型もさることながら、塗装面でも塗りムラが非常に少なくなっています。中国工場の技術水準が安定してきているんでしょうね。  今回の目玉は、映画版のみの登場の3『仮面ライダーZO』とその敵の4『ドラス』。『仮面ライダーZO』は、史上初の変身ベルトがないライダー。今改めて…

続きを読む

HDM創絶 仮面ライダー~平成ライダーコンプリート!!

1ヶ月も更新をさぼってしまいました。原因は.......、これドラクエ9です。本当は、もう卒業しているはずだったんですが、テレビですれ違い通信の特集をしていたのを見て、つい.......! でもまだ終わっていないんで、これからも更新、滞りそうです。  さて、HDM創絶の平成仮面ライダーシリーズも第3弾、めでたく10人のライダーが揃いました。といっても、2弾で唯一人取り残された『仮面ライダー響鬼…

続きを読む

ドラゴンボール コカ・コーラオリジナル「コミックス背表紙フィギュア」第2弾

ローソン限定で4月に出ていた第1弾の後編。残念ながら第1弾ほどの水準が維持できませんでした。最大の問題は顔。原型師が代わったんじゃないかと思うくらい、似てません。特に⑥『ベジータ』、⑨『人造人間17号』、⑫『孫悟空』あたりがいけません。主役の孫悟空が大ハズレになるのな何ともはや.......塗装がいいだけに、残念です。  そうした中でも、⑤『フリーザ』、⑧『セル』あたりは、そのボリュームか…

続きを読む

HDM創絶ウルトラ超兵器 ~科学特捜隊&ウルトラ警備隊編

 HDM創絶シリーズの原点となったウルトラメカニックシリーズ。ウルトラホーク1号は第1弾「HDM ウルトラ超兵器~ウルトラ警備隊編」の再発です。まだ創絶ではなかった時のものです。  今回のは、何と云っても科特隊の主要メカ『ビートル』がメイン。そのほかのものは数あわせと言ってもいいかも知れませんそのビートルですが、文句なしの出来。シルバーとレッドの塗り分けもきちんと出来ています。ただし、科特隊マ…

続きを読む

SNOOPY 全国おいしいもの アクセサリー第2弾

 第1弾が好評だったペプシのスヌーピーうまいものシリーズ、第1弾になかった県が出ました。この種の全国ものを何回かに分けて出す場合、北海道、東京、京都、大阪、沖縄など観光資源の多い都道府県は、うまくばらけさせないといけません。ところが、これら都道府県がすべて第1弾に入ってしまっているので、第2弾は残り物の印象になってしまいます。  食べ物部分の造型は、第1弾よりさらによくなっています。特に、11…

続きを読む

ヴィッテル「RUN×Vittel」new balance シューズ フィギュア アクセサリー

 フランス産ナチュラルミネラルウォーター(硬度315:硬水)ヴィッテルのおまけ。  ランニングシューズのフィギュアなんですが、非常にいい出来映えです。靴の内部は、はめ殺しですが、縫い目、布地感、塗装ともきちんと出来ています。何よりも感心したのが、靴底の再現。コスト的に限界のあるおまけでは、一番省略したい所なんですが、ちゃんと作り分けをしています。NBのホームページに実物がありますので、確認して…

続きを読む

エフトイズ~「ニッポンの建設機械Vol.1」

Nゲージサイズの、ワーキングカー。パーケージ写真で見ると、のっぺりとして、造型が甘いように感じられるんですが、実物を見るとしっかり作り込まれています。写真よりも実物の方が見栄えがいいという珍しい例です。  01の『コマツ 油圧ショベル』は、A・Bとも造型は全く同じ。単なるマーキング違いです。ショベル部分の角度は自由に変えられるのではなく、支柱部分のパーツを交換するというもの。可動式の支柱にして…

続きを読む

HDM創絶 ウルトラマン ~遊星から来た兄弟編

 サブタイトルはウルトラマン第18回、ザラブ星人登場回のもの。ウルトラ兄弟とは関係ありません。そろそろクオリティの低下が心配されていた、HDM創絶シリーズですが、極めて高品質な水準を維持しています。特に出色の出来は05『カネゴン』。成型色でやや不満の残った「アルティメットモンスターズ3」を大きく凌駕しています。ウルトラQ放映時、今なら当然NGのはずの、スーツアクターの顔が、着ぐるみから見えてしま…

続きを読む

「海のエジプト展」公式フィギュアコレクション

 海洋堂のカプセルミュージアムシリーズ。水族館や動物園などのシリーズは常設でしたが、これは横浜で開催されている「海のエジプト展」の期間限定ものです。同じカプセルフィギュアでも先行の「横浜歴史紀行」が店頭平場売りだったのに対し、これはガチャマシーンによる完全ブラインドです。  さて肝心の出来の方ですが、海洋堂の実力をまざまざと見せつけられた作品。前作の「横浜歴史紀行」の出来がそれほどでもなかった…

続きを読む

ムーミン一家「ながら運動」マスコット

 サントリーの健康系(?)飲料「DAKARA」を1箱いただいたんですが、それがおまけ付きでした。スルーを決め込んでおりましが、なかなか人気があるみたいです。  マスコットのフィギュアとしては、十分の出来だと思います。ムーミンファンはもちろん、そうでない方でも、持っていても損にはならないでしょう。キャラクター自体が単純な顔なので、ボロが出ません。体色も複雑ではないので、成型色でもいっこうに差し支…

続きを読む

HDM創絶 仮面ライダー ~仮面ライダーディケイド参戦!!

 HDM創絶シリーズ、平成仮面ライダーの第2弾。これで『仮面ライダーヒビキ』以外の主役が揃いました。そのヒビキは、8月の第3弾です。  平成ライダーって、はっきり言ってブサイクが多いと思います。今回はその中でもブサイク揃いになってしまいました。  現行ライダーの1『仮面ライダーディケイド』は、特に顔が変だと思います。かろうじてまともな顔は、4『仮面ライダーカブト』。2『仮面ライダー龍騎』と3…

続きを読む

双発機コレクション3

 エフトイズの1/144シリーズも回を重ねてついに第16弾になりました。双発機だけでも「双発機コレクション」、「双発機コレクション2~双発夜戦」、「大型機コレクション」などがありました。  塗装が非常にいいです。はみ出し、塗りむらは皆無。造形も悪くないんですが、一部にパーツのハマリが悪いものが見受けられます。また、機体中央に分割パーツのすき間が目立ってしまうのがマイナスです。  アンテナやピ…

続きを読む

HDM創絶 仮面ライダー電王イマジンズ

 電王に取り憑く主要イマジン4体のフィギュア化。HDにあった『ジーク』は今回ありません。  気になる点は、造形のエッジ部分の甘さ。角、アゴ周囲、ショルダー部分など、とがったところが、ことごとく丸くなっています。玩具としての安全性への配慮からやむを得ないものかも知れませんが、残念です。特にモモとウラの赤鬼・青鬼コンビは、色彩が鮮やかなだけに、惜しまれます。  そんな中でキンちゃんは、ずんぐり体…

続きを読む

HDM創絶 仮面ライダー ~哀しみの改造人間編

 HDM創絶の昭和仮面ライダーシリーズの第1弾です。クオリティーの高いHDM創絶ですが、今回のはその中でも特筆すべきもの。シークレットも含め、どれもはずれがありません。  これまで何回も出ている1『旧1号』。シーツのしわの表現は、小じわまで再現しています。素材の質感まで表現するとは、恐れ入りました。マスクの下からかすかに覗く、顔と髪の毛も手抜きがありません。2『蜘蛛男』は、ライダーシリーズの記…

続きを読む

ANAユニフォームコレクション[プチ]アンコール

 昨年11月にローソン限定で展開された海洋堂のオタフィギュア「ANAユニフォームコレクション[プチ]」のリバイバル。ほとんど瞬殺の人気でした。  アンコールと銘打っているので前回買い漏れた人だけのものと考えがちですが、う~ん!、敵もやりますな、全12種の内、9種がリペイント。1から3は、全弾と同じ。4から6は、大きく彩色変更。7から9はスカーフ色など小幅な彩色変更です。ただよーく見ると、7から…

続きを読む

「たねまる」の横浜歴史紀行

 横浜開港150周年記念公式カプセルフィギュアと銘打たれています。横浜で開催されている「開国博Y150」のグッズです。  カプセルフィギュアですが、ガチャでの販売ではないので、鬼回しの必要がありません。海洋堂の製作なので、品質も問題なし。解説書も非常に充実しています。ただなんというか、これまで海洋堂の作品に見られたインパクト、驚きというものが感じられません。安定感と引き替えに、力強さ、推進力が…

続きを読む

ローソン限定~ドラゴンボール「コミックス背表紙フィギュア」

 ローソンでは毎年GWのこの時期に、コカ・コーラとのタイアップ商品を展開しています。昨年は「東京ディズニーランド・ジオラマフィギュア」でした。清涼飲料水2本に一個で、12種というのは、ちときついのですが、レベルは高いです。  ドラゴンボールのコミックス単行本の背表紙をフィギュア化したので、みんな向かって右から左に移動していくデザイン。迫力ある戦闘シーンではありませんが、これはこれでほのぼのして…

続きを読む

HDM創絶 仮面ライダー ~平成仮面ライダー参上!!

 HDM創絶の「仮面ライダー」シリーズ第3弾。バンダイの常として、だんだんクオリティーが低下してくるというのがあるんですが、絶賛の第2弾に較べても遜色はありません。  01『仮面ライダークウガ』はアルソリ第3弾とは別造形。現在スカパーで放映中の02『仮面ライダーアギト』は今回のベストです。03『仮面ライダーブレイド』は、なぜかこれのみ塗装、特に銀色部分の塗装が荒くなってしまいました。一応新造型…

続きを読む

SNOOPY 全国おいしいもの アクセサリー

 ペプシNEX1本に1個のおまけです。これはペプシのおまけ全体に言えることですが、非常にボリューム感があります。これに較べると「生茶パンダ先生」や「ヤッターマン」が随分と貧弱に見えてしまいます。スヌーピーという版権ものなのを考慮すると、コストは結構かかっているんじゃないでしょうか。  食べ物の部分も、かなり良くできています。01『北海道(メロン)』や09『新潟県(米)』、17『鳥取県(らっきょ…

続きを読む

エフトイズ~スター・ウォーズ ビークル・コレクション2

 大好評の第1弾に続く、注目の第2弾。1/144のスケールでは難しいと思われた01『AT-AT』がラインナップされたのは、うれしいところ。しかも、箱を大きくしたので、1BOXの個数を8個に減らすというのが泣かせます。  どれも立派な出来です。モールドもしっかりして、ウェザ気味の塗装もいい味です。迫力の点ではやはり01『AT-AT』が一番ですが、人気は03『Yウィング・ファイター』です。シークレ…

続きを読む

ヤッターマン オリジナルフィギュア

 劇場版の映画の映画公開にあわせて、レモンを搾った「三ツ矢サイダー」に付いているおまけ。以前にもファミマ限定の「ヤッターマンつながるフィギュアストラッップ」がありましたが、今回の方が出来としてはいいかも.......。特に実写版のせいか、人物系がいいですね。2『ヤッターマン2号』のアイちゃんは、ボディがちゃんとボンッ・キュッ・ボンッしてるし、深田恭子ちゃんで話題の3『ドロンジョ』様のボンテージも…

続きを読む

ローソン限定~愛しの深夜特急 ブルートレイン

 電車系のおまけは、どういったらいいのか、微妙なものがあります。HOやNゲージなど、既に確立された模型があり、しかもプロのモデラーが多彩な改造を行っている世界です。そうしたハイレベルのものと比較すればどうしても、見劣りはします。  今回の「愛しの深夜特急 ブルートレイン」。おまけとしては決して悪くないと思います。一昨年の「昭和レトロ 路面電車コレクション」よりも、進化しています。窓はどうしても…

続きを読む

「出た!生茶パンダ先生!」マスコットストラップ

 キリンの生茶のキャラ、『生茶パンダ』がリニューアル。パンダといえば白黒のツートンカラーという常識を覆す、黄緑・白というボディーカラー。しかも、意味不明な植物(おそらく茶樹のつもり)を、口にくわえているという、教師にあるまじき態度。どこにコンセプトがあるのか全くわかりません。  本体に植毛をするという斬新な発想は、それなりに面白いのですが、マスコットという性格上、すぐ剥がれてくるだろうし、第一…

続きを読む

究極大怪獣~アルティメットモンスターズ ファイナル

 ウルトラシリーズの怪獣版のアルティメットモンスターズの最終版。というより、アルソリシリーズ最終版です。ラストにふさわしいラインナップかどうかは微妙です。昭和にこだわり続けたのはわかるんですが、今さら1『バルタン星人』を出さなくても、しかもクリア版まで.......  でも、造型そのものは相変わらずいいです。このところ低調だった塗装も、今回は頑張ったかなと思います。4『ミクラス』なんて、絶品と…

続きを読む

ファミリーマート限定~鉄道博物館収蔵車両 鉄道ヴィネットコレクション

 海洋堂の新造型の食玩は、本当に久しぶりです。ローソンの「ANAユニフォームコレクション[プチ]」は、大きさを変えたリニューアル版なので、厳密に言えばオリジナルの新造型ではありません。  ここ数年、海洋堂が展開している博物館とのタイアップシリーズ、今回はさいたま市にある「鉄道博物館」です。  単純に、例えばNゲージサイズのミニチュアを作るのではなく、情景フィギュアにするというのは、まさに海洋…

続きを読む

ローソン限定 GEORGIA ドラゴンボール Z モニュメントフィギュア

 去年はファミマで「『ドラゴンボール』ファミリーマート限定 オリジナルフィギュアコレクション」や「ファミマ限定『ドラゴンボール』フィギュア第2弾」など、展開されたドラゴンボールシリーズ。今回はローソン系列で行われています。実に息の長いシリーズですね。  全15種はいささか多い気もしますが、缶コーヒー1本に1個なのは良心的。2本なら完全にギブアップでしょう。コスト的にキツイにもかかわらず、台座…

続きを読む

HDM創絶 仮面ライダーキバ&電王

 平成ライダー、特に最近のはほとんど見たことがなかったので(日曜日に朝早く起きれん!!)、テレビ朝日のHPで内容を確認しました。(^_^;)  ファーストインプレッションは、こいつはスゲェー。HDM創絶シリーズは少し前の「超ウルトラ8兄弟 ―後編―」でもかなり良かったんですが、これははるかに凌いでいますね。まず塗装が凄い。元々、ウルトラシリーズとは異なり、カラフルな色づかいの仮面ライダーシリー…

続きを読む