モノトーンの肖像画

アクセスカウンタ

zoom RSS 【明治の50冊】(23)島崎藤村「若菜集」共感呼ぶ恋愛への情熱

<<   作成日時 : 2018/12/09 00:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 明治150年にあたる平成30年、産経新聞社では明治年間に書かれた先達の作品を紹介していきます。著作権も切れ、ともすれば忘れがちになる古典をもう一度再認識させてくれる好企画です。

 《まだあげ初めし前髪の/林檎(りんご)のもとに見えしとき/前にさしたる花櫛(はなぐし)の/花ある君と思ひけり/後略》
 島崎藤村の「初恋」の一節である。日本の近代詩歌の中でもっとも愛される作品かもしれない。昭和43年刊行の新潮文庫版『藤村詩集』は70刷62万部に達し、現在も売れ続ける。また、46年には舟木一夫の歌がヒットした。日本人の感受性が革命的に変化でもしないかぎり読む者の胸をキュンとさせ続ける詩だ。
 「初恋」を収めた藤村の処女詩集『若菜集』は明治30年8月に刊行された。日清戦争終結から2年5カ月。藤村は25歳だった。前年、何かとしがらみの多い東京を離れ、東北学院の教師となり仙台で1年弱を過ごした。『若菜集』の詩は、いずれもこの地で書かれ、東京・銀座の泰明小で共に学んだ北村透谷(とうこく)や、英米文学の名訳で知られる平田禿木(とくぼく)らが健筆をふるっていた「文学界」に発表された。
画像
日本近代文学館による昭和59年の復刻版

 七五調を基調にした51編は、当時隆盛を誇っていた装飾過剰な言葉を多用する擬古派の詩とは完全に一線を画している。藤村は封建時代に抑圧されてきた青年の情熱(恋情と漂泊へのあこがれ)を、本人の言葉を借りれば、湿った松明(たいまつ)のように静かに燃やしたのだ。
 本詩集を代表する作品として、「初恋」や《あゝうらさびし天地(あめつち)の/壺(つぼ)の中(うち)なる秋の日や/落葉と共に飄(ひるがへ)る/風の行衛(ゆくえ)を誰(たれ)か知る》で閉じられる「秋風の歌」を挙げることに異論をはさむ者はおそらくいないだろう。また、衝撃度という点では、6人の処女(おとめ)(おえふ、おきぬ、おさよ、おくめ、おつた、おきく)に仮託して書かれた6編の詩を外すわけにはいかない。

 《しりたまはずやわがこひは/雄々しき君の手に触れて/嗚呼(ああ)口紅をその口に/君にうつさでやむべきや》(「おくめ」)
 初々しい官能性がにじむ処女の6編を冒頭に置き、本詩集は若い女性の圧倒的な共感を集める。
 江戸川大教授の新井正彦さんは「封建制のモラルを脱して、感情を解放しようとした藤村の詩を読んだ若い女性は、自分の心に秘めた葛藤や苦悩や恥じらいをよくぞ表現してくれた、と感じたのです」と解説する。その一人に歌人、与謝野晶子がいた。晶子が《やは肌のあつき血汐(ちしお)にふれも見でさびしからずや道を説く君》を収めた処女歌集『みだれ髪』を刊行したのは『若菜集』の4年後。『若菜集』は、いうなれば日本近代文学の「夜明け」を告げる作品だったのだ。
 ところで、何が詩人・藤村をつくったのだろう。母校の明治学院で触れた賛美歌や西洋文学の影響は無視できないが、明治27年に25歳で自殺した4歳上の北村透谷の存在が大きいと思われる。藤村は評論『厭世(えんせい)詩家と女性』に強く感応する。透谷はこの評論で「恋愛は人生の秘鑰(ひやく)なり、恋愛ありて後人生あり、恋愛を描き去りたらむには人生何の色味かあらむ」と主張、恋愛至上主義の立場を鮮明にした。「秘鑰」とは秘密を解くカギのことだ。
画像
島崎藤村</span>

 新井さんは言う。「藤村は大正8年刊行の自伝的青春小説『桜の実の熟(じゅく)する時』で、『恋愛は人生の秘鑰なり』の一節を引用している。藤村を理解するうえで、重要なカギのひとつです」
 豊かな詩心をもった青年の恋愛への情熱こそが、古いモラルを突き破り、新しい文学を生み出した。ロマンチックではないか。(桑原聡)
 次回は30日『武蔵野』(国木田独歩)です。
【プロフィル】島崎藤村(しまざき・とうそん) 明治5(1872)年、筑摩県馬籠村(現岐阜県中津川市)の旧家に生まれる。本名・春樹(はるき)。10歳で上京、明治学院で学び在学中にキリスト教の洗礼を受けるがのちに棄教。「文学界」に参加して浪漫主義詩人として出発。『若菜集』『一葉舟』『夏草』『落梅集』を発表。小説に転じ『破戒』で作家的地位を確立。『家』や『春』でわが国の自然主義文学の方向を決定づける。昭和に入り、明治維新の動乱期を生きた父をモデルに歴史長編『夜明け前』を書いた。昭和18(1943)年、71歳で没する。

*2018.07.23 産経新聞より
(https://www.sankei.com/life/news/180723/lif1807230007-n1.html)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

天気予報


コアラのマーチ


AKB48ブログ集

© AKB48ブログ集
【明治の50冊】(23)島崎藤村「若菜集」共感呼ぶ恋愛への情熱 モノトーンの肖像画/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる