【私的昭和名曲撰】第12回「雨の物語」~イルカ

画像

 梅雨に入りました。雨の一日になっています。『雨』を題材にした曲は、あまたあります。先日、選抜総選挙で盛り上がったAKB48では「てもでもの涙」という名曲がありますが、これは昭和ではありません。それではということで、イルカの「雨の物語」にしました。
 イルカさんを初めて聞いたのは、文化放送の公開番組「ハローパーティー」だったかと思います。ただし、当時はシューリークスというデュオ、隣にいたのが後の夫君、神部和夫。残念ながら2007年にパーキンソン病でお亡くなりになりました。シュリークス、どうやら4人グループだったらしく、途中で二人が抜け(うち一人は後の山田パンダ)、残った二人が出来てしまったという、チェリシュと同じパターン。この時聞いた曲がほとんどコミックソングかと思った「私は好奇心の強い女」。当日の光景、はっきり覚えていますがタジオ内大爆笑でした。
 コミック路線のイメージが刷り込まれていたイルカさんの「なごり雪」を聞いたときは、軽いショックがありました。
 さてその「なごり雪」を差し置いて、6月に雪はないだろう、というのも然ることながら、曲全体を覆うモノトーンカラーが得も言われぬ風情を醸し出すからです。それでいて冒頭の『化粧する君の その背中がとても小さく見えて しかたないから』という部分が、妙に色彩感があり、エロスさえ感じます。

   

 原曲は作詞・作曲の伊勢正三が所属していた『風』のベストアルバム「Old Calendar〜古暦〜」が、初出。

   

(参考:シュリークス「私は好奇心の強い女」)
   




(決定盤)国民的名曲のすべて フォーク&GS~真夜中のギター ブルー・シャトウ
日本コロムビア
オムニバス

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by (決定盤)国民的名曲のすべて フォーク&GS~真夜中のギター ブルー・シャトウ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

フォーク全曲集
日本クラウン
オムニバス

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by フォーク全曲集 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック