【私的昭和名曲撰】第3回「見上げてごらん夜の星を」~坂本 九

画像

 東日本大震災から早いもので1年が経ちました。各地では追悼と復興を願う催し物が開かれています。読売新聞にもこんな記事が出ていました。

佐渡裕さん指揮、ノートルダム大聖堂で震災追悼
【パリ=三井美奈】東日本大震災から1年を前に9日、パリ中心部のノートルダム大聖堂で、犠牲者の追悼ミサと日本人の子供たちによる演奏会が行われた。
 ミサは、日本在住経験のある同聖堂の神父が仏在住の日本人有志の呼びかけに応じて開いたもので、約2000人が参加。パトリック・ジャクワン主席司祭が「我々は日本の兄弟たちを励まし、安心させたいと願っている」などと呼びかけ、全員が黙とうをささげた。
 続いて、世界的に活躍する指揮者の佐渡裕さんの指揮で、日本から訪仏した弦楽合奏団「スーパーキッズ・オーケストラ」の約50人が、「見上げてごらん夜の星を」などを演奏した。同合奏団は阪神大震災後、兵庫県を拠点に結成され、小学生から高校生までが参加。11日には、パリの国連教育・科学・文化機関(ユネスコ)本部でも演奏会を行う。

 さてこの記事の中にある「見上げてごらん夜の星を」ですが、オリジナルは昭和38年発売という大変古いもの。歌手は坂本九、あの日本航空123便墜落事故でなくなった方です。
 私は子供のころ、九ちゃんの大ファンでした。九ちゃんの冠番組「マイマイショー」は、父の勤めていた明治屋の1社提供で、それは夢中になったものです。
 九ちゃんは歌だけでなく、映画や司会、バラエティーなど幅広い活躍を見せ、マルチタレントの走りと言えましょう。また福祉活動にも力を入れ、晩年(といっても40代前半ですが)には24時間テレビで、北海道からよく出演していました。
 九ちゃんの代表曲と言えば、何といっても全米ビルボードで第1位を獲得した「上を向いて歩こう」ですが、この「見上げてごらん夜の星を」は、その後もフォーリーブスや最近では平井堅もリメイクしており、歌い継がれていく名曲中の名曲です。佐渡裕が東日本大震災追悼コンサートで取り上げたというのは、誠に慧眼と言えます。


   

 こちらは、平井堅とのコラボ。

   



フレンチ・カフェ・ミュージック ~パリ、愛の歌~
リスペクトレコード
クレール・エルジエール With ドミニック・クラヴィック、ダニエル・コラン

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by フレンチ・カフェ・ミュージック ~パリ、愛の歌~ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ねむの木の子守歌~TEMMA JAPANESQUE~
キングレコード
天満敦子

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ねむの木の子守歌~TEMMA JAPANESQUE~ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ピアノミニアルバム 上を向いて歩こう 見上げてごらん夜の星を ヤマハミュージックメディア ピアノ楽譜 日本が誇る名曲をまとめました
chuya-online
ヤマハミュージックメディアピアノミニアルバム 上を向いて歩こう 見上げてごらん夜の星を【楽譜】日本が

楽天市場 by ピアノミニアルバム 上を向いて歩こう 見上げてごらん夜の星を ヤマハミュージックメディア ピアノ楽譜 日本が誇る名曲をまとめました の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック