【私的昭和名曲撰】第6回「絹の靴下」~夏木マリ

  ファッションデザイナー、コシノ3姉妹のお母さんを主人公にした、NHKの朝ドラ『カーネーション』が本日終了しました。最近ではかなりの高視聴率だったようです。このドラマで主人公糸子の晩年を演じたのが夏木マリでした。
 「絹の靴下」は夏木マリのデビュー曲で、1973年の作品。当時、私の所属していた放送部では、お昼休みに、自腹で買ったレコードを解説付きで流すという、誠に貧乏くさい番組をやっておりました。先輩種子も同様にやるのですが、条件は歌手がダブらないこと。先輩たちから始めるので、当時のアイドル、天地真理や浅田美代子、山口百恵などは先に押さえられ、たくろうや陽水、こうせつなども既にやられています。男子校なので、西城秀樹や郷ひろみ(そういえば24歳年下の一般人と再々婚したそうな)は論外。苦し紛れにチョイスしたのがこの曲でした。
 なお、次回以降はさらに状況が厳しくなり、水沢アキ「娘ごころ」、純アリス「アザミの花」という、レアなチョイスをしてしまいました。
 独特のフィンガーアクションが印象的なこの曲のジャケットは、①のはずなんですが、ヒットしたおかげで、急遽増刷が行われたらしく、②のようなタイトルが馬鹿でかいジャケットも存在しているようです。当時レコード屋のおやじに聞いた話なんですが、初回プレスが売り切れになった場合、増刷版は客が商品をすぐ探せるように、タイトルをわざとデカくしていたらしいです。

①ジャケットAタイプ
画像

②ジャケットBタイプ
画像


   

<参考:水沢アキ「娘ごころ」>
   




絹の靴下
キングレコード
夏木マリ

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 絹の靴下 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




絹の靴下/お手やわらかに/夏のせいかしら
キングレコード
夏木マリ

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 絹の靴下/お手やわらかに/夏のせいかしら の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック