追悼スーちゃん『やさしい悪魔』

 ランちゃん(伊藤蘭)センター曲から1曲に絞るのは難しい。ブレーク曲『年下の男の子』や『春一番』は、当然選んで然るべきなのだが......。しかしあえて、後期の名曲『やさしい悪魔』にします。
画像

 1977年3月1日リリース。メンバー間では、解散について具体的な話が出てきた時期である。約4か月後には解散宣言になる。作曲は吉田拓郎。もはやかつてのフォークの神様をみじんも感じさせない、洗練されたメロディーである。自身でセルフカバーしているが、これがまるでダメ。拓郎の場合、『襟裳岬』もそうだが、自分で歌うと、フォーク臭さが前面に出すぎてしまう。このあたりが、谷村新司やさだまさしと違うところだ。
 3人のコスチュームのエロさがたまらん!。御堪能あれ.....

   

 拓郎セルフカバーはこちら。

   



ぷらいべえと(紙ジャケット仕様)
フォーライフ ミュージックエンタテイメント
吉田拓郎

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ぷらいべえと(紙ジャケット仕様) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック