モノトーンの肖像画

アクセスカウンタ

zoom RSS 【敗者烈伝】〜松平容保(上) 歴史に翻弄された“お殿様” 作家・伊東潤

<<   作成日時 : 2015/11/21 14:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

 *久々の歴史ものに戻ります。

 産経新聞で作家の伊東潤さんが日本史の敗者に光を当てる素晴らしい歴史エッセーを連載しています。

 その任にあらずとも歴史の表舞台に立たされ、大きな役割を担わされる人がいる。
 平宗盛(むねもり)、足利尊氏、織田信雄(のぶかつ)、小早川秀秋、徳川慶喜(よしのぶ)などは、その典型だろう。どうひいき目に見ても、彼らは賢者や知将とは言えず、凡庸ないしは小才子(こざいし)のそしりを免れない。
 しかしここに、ある程度の頭脳と勇気を持っていながら、歴史の渦に巻き込まれ、図らずも、家臣や領民に塗炭(とたん)の苦しみを味わわせてしまった人がいる。幕末の会津藩主・松平容保である。
 ここに高須松平家(美濃高須藩3万石)4兄弟の記念写真がある。右から次男の元尾張藩主・徳川慶勝(よしかつ)(55歳)、五男で高須藩主や一橋家当主などを歴任した一橋茂徳(もちなが)(48歳)、六男の松平容保(44歳)、七男の元桑名藩主・松平定敬(さだあき)(33歳)の4兄弟である(年齢は明治11年の撮影時のもの)。
 彼ら4人は、幕末から明治にかけての激動の時代を生きてきたが、志士出身者のような迫力は、写真から感じ取れない。この写真の印象を一言で言うと、「戸惑い」だろうか。
 天保6(1836)年、容保は美濃高須藩主・松平義建(よしたつ)の六男として生まれた。弘化3(1846)年には、叔父にあたる会津藩主・松平容敬(かたたか)の養子とされ、嘉永5(1852)年にその家督を継ぐ。会津藩は、3代将軍家光の弟・保科正之を祖とする23万石の親藩大名である(内高(うちだか)40万石)。

 家光は早くから正之の才を見抜き、4代将軍家綱の後見を託すほど信頼した。これに感激した正之は、「将軍家に忠勤を尽くすことだけを考え、他藩を見て己の身の振り方を判断するな。もし二心を抱く藩主がいれば、それはわが子孫ではない。家臣たちは従うな」という遺訓を残した。
 それから約200年後の嘉永6年、ペリー艦隊の来航により、日本は幕末の沸騰を迎える。京都では、尊王攘夷派の不逞(ふてい)浪士による天誅(てんちゅう)と称する暗殺が頻発し、無政府状態に陥る。これに対し、幕府は京都守護職という新たな職を設け、軍事力によって治安を維持しようとした。
 文久2(1862)年7月、幕府は容保に京都守護職就任を要請する。容保は財政難を理由に固辞するが、将軍後見職に任じられた一橋慶喜に迫られ、最後には受けてしまう。
 同年12月、容保は1千の兵を率いて上洛、翌文久3年1月には孝明天皇に拝謁した。
 まず容保は、薩摩藩と軍事同盟を結び(会薩(かいさつ)同盟)、佐幕派公家を操り、朝廷を牛耳る尊攘(そんじょう)派公家と長州藩の追い落としを図った。長州藩兵は御所守衛の任を解かれ、7人の尊攘派公家とともに国元に落ちていった。「八月十八日の政変」である。

 翌元治元(1864)年6月には、会津藩御預の新選組が、尊攘派志士たちが集まる池田屋に押し入り、志士たちを惨殺した。彼らの主体は長州藩士であり、これにより長州藩は、会津藩を不倶戴天(ふぐたいてん)の敵とみなすようになる。
 池田屋の変の一報が長州にもたらされるや、長州藩では三家老に1600の兵を率いさせ、上洛させる。その名目は「攘夷の嘆願」「三条実美(さねとみ)ら長州派公家と藩主父子の名誉回復」だが、実質的には、武力に物を言わせて政治的主導権を回復することにあった。
 同年7月、長州藩が御所の蛤御門(はまぐりごもん)に攻め込むことで、会津藩との戦端が開かれる。当初、押され気味だった会津藩は、薩摩藩の参戦により窮地を脱し、長州藩を京洛の地から追い払うことに成功した。この結果、第一次長州征伐が実施され、長州藩は三家老の首を差し出し、恭順の姿勢を示すことになる。(次週に続く)
【プロフィル】松平容保
 まつだいら・かたもり 天保6(1836)年、美濃高須(現・岐阜県海津市)藩主・松平義建の六男として生まれる。会津松平家に養子入りし、会津藩主に。京都守護職に就任し、反幕府派を取り締まる。戊辰戦争では佐幕派として新政府軍に抗戦。降伏後は日光東照宮の宮司に。明治26(1893)年、死去。

【プロフィル】伊東潤
 いとう・じゅん 昭和35年、横浜市生まれ。早稲田大卒業後、外資系IT企業勤務、コンサルタントなどを経て、平成19年に「武田家滅亡」で文壇デビュー。25年、「巨鯨の海」で山田風太郎賞受賞。


*2014.12.11 産経新聞より
(http://www.sankei.com/life/news/141211/lif1412110015-n1.html)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
センゴク、コミックで読んでるが、面白いよ。関係ないけど。
井出浩司
2015/11/21 15:11

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

天気予報


コアラのマーチ


AKB48ブログ集

© AKB48ブログ集
【敗者烈伝】〜松平容保(上) 歴史に翻弄された“お殿様” 作家・伊東潤 モノトーンの肖像画/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる