モノトーンの肖像画

アクセスカウンタ

zoom RSS 【石野伸子の読み直し浪花女】〜川端康成の魔界(9)外戚「養女」への恍惚 従姉への恋、母への思慕を重ね

<<   作成日時 : 2015/05/17 14:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

 産経新聞WESTで記者の石野伸子さんが川端康成についての素晴らしいコラムを連載しています。

 伊藤初代に変わる新たな「美神」として、川端文学研究者の森本穫さんが注目するのは「養女」だ。
 川端は昭和18(1943)年、大阪にいた親類の少女を養女に迎えた。黒田政子11歳。政子の出身の黒田家は川端家と深いつながりがあり、康成の母も祖母も黒田家の出身だった。幼くして両親を亡くしたとき世話になったのも、祖父が亡くなって孤児の身になり康成が一時期預けられたのもこの家だ。
 政子の両親は夫の女性問題で夫婦仲が悪くなり、政子の母は3人娘の一番下の娘、政子1人を連れて家を出た。母親が病気がちのこともあり生活は苦しく、子供のない川端家では早くからこの娘を養子にもらう話が出ていた。母親自身もそれを望んだ。
 「故園」は政子をいよいよ養女に迎えるため大阪に出かける話だ。雑誌「文芸」の昭和18年5月号から同時進行的に書き始められている。昭和20年1月号まで断続的に書き継ぎ、未完のまま終わった。
画像
単行本「天授の子」は川端の死後、昭和50年に出版された

 5つのときから母親と2人暮らしを続け、いずれこの人の子供になると言い聞かされていた少女が、妻をともなった川端と出会うシーンが印象的だ。

 「私が門口をあけるなり、えらい足音で駈け出して来た子供は、怒って顔を真赤にして、『おそいなあッ。』と叫ぶと、両手の握りこぶしを肩まで振りあげて、私をなぐるように抱きついた」

 約束の時間に遅れてきた川端に不安と喜びを爆発させて飛び込んできた娘。川端の心は「なにかひたむきに甘い安心」で満たされる。「天授の子」は鎌倉の川端家に引き取られた政子の6年後の話。母親の危篤騒ぎで再び大阪に訪ねる後日談だ。
 政子は川端家にすんなりなじんで育つが、「マッチもすれず、卵が破れず、果物の皮もむけない」「生まれながらのかなしみを背負った」養女に寄せる川端の思いは深い。
 森本さんはそこに、川端の新たな美神像と魔界への入り口を見る。
 「戦後の『住吉』連作、『山の音』『千羽鶴』には義理の関係にある母子、父娘が繰り返し出てくる。川端の美神の系譜には、明らかに自分と同じ不幸な生い立ちを背負った女性像があるが、さらにここに血の流れが加わることで、罪悪感を帯びた魔界が花開くことになったのではないか」

 黒田家の女性については実はそれより以前、少年時代にあこがれた女性の存在が知られている。
 川端の故郷について詳しく調べた研究者、羽鳥徹哉は「作家川端の基底」で黒田家のいとこ、玉子への川端の「あこがれ」について言及している。
 黒田家には6人のいとこがおり、次女、玉子は7歳年上。長男は夭逝しており次男・秀孝が政子の実父だ。川端より3つ年上、生涯親しく交際した。
 幼少期にはこれらいとこたちと親しく接した時期がある。祖父母に引き取られしばらく疎遠になるが、祖父の死により再び黒田家で再会する。もっとも玉子は前の年、九州・久留米の騎兵中尉のところに嫁ぎ黒田家にはいなかった。
 しかし、川端が預けられた直後、玉子は婚家先で急死する。夫の出征中、2度目のお産がもとで亡くなった若い死。玉子は骨になって帰省し、居候の中学生・川端の心に衝撃を与える。彼女を弔う詩をつくり、さらに「H中尉に」という文章を書き地元新聞に持ち込んで活字にしてもらった。
 いとこにどんな思いを抱いていたのか。「少年」(昭和23年)にこんな文章がある。
 「私はこの従姉の“おとがい”を下から見上げた幼い記憶がある。色白のふっくりと円味のあるおとがいで、私は美しい人と感じた」
 「おとがい」といえば「反橋」だ。
 「姉の死という衝撃で真実を明かさずにゐられなかった母を私は憎みはしませんし、それが反橋の上であったかなかったかはとにかく母の白いあごに涙の流れたのをおぼえてゐますけれども、私の生涯はこの時に狂ったのでありました」

 「少年」と「反橋」は同時期に書かれている。羽鳥さんは「住吉」連作の育ての母のイメージに玉子を重ねたと推測している。
 「養女の政子さんはその黒田家の血を引いている。暮らしに疲れ川端の前に姿を現した伊藤初代に失望した川端は、養女という存在に美神を蘇らせたのではないか」
 すでに昭和12年、「母の初恋」で川端は、かつての恋人の娘を養女に迎え、その養女から思いを寄せられる男の恍惚(こうこつ)を描いている。作家の想像力はどこまでも深みにはまっていく。それこそ魔界だろう。   =この項おわり

*2015.04.02 産経新聞関西版より
(http://www.sankei.com/west/news/150402/wst1504020024-n1.html)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
かなり屈折してるよね。ま、AVではよくあるパターンだけどね。
井出浩司
2015/05/17 16:16

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

天気予報


コアラのマーチ


AKB48ブログ集

© AKB48ブログ集
【石野伸子の読み直し浪花女】〜川端康成の魔界(9)外戚「養女」への恍惚 従姉への恋、母への思慕を重ね モノトーンの肖像画/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる