モノトーンの肖像画

アクセスカウンタ

zoom RSS 晶子の執着(5)良家の娘の抑圧 「邪智・淫蕩に満ちた地」

<<   作成日時 : 2013/06/08 15:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

 産経新聞WESTで記者の石野伸子さんが与謝野晶子についての素晴らしいコラムを連載しています。

 16歳で女学校を卒業し、22歳で鉄幹と出会い熱情の人生を歩むまで、晶子の歌の習作時代が続く。それは人生の習作時代とも重なっている。

 当時、晶子は家業の和菓子店の縁台に座りながら、文学の世界に生きていた。歌の世界で恋をし、空想の世界に遊んだ。
画像
明治期の大道筋。晶子の実家の駿河屋はこの道沿いにあった(『堺大観』より)

 当時は良家の子女のたしなみとして和歌を学ばされることが多く、晶子は18歳のとき、地元の「堺敷島会」に入っている。堺敷島会歌集には毎月のように晶子の歌が載っている。

 冬と春と中かきに咲く梅の花 ゆきのした枝はにほひなりけり

 きかせばや都の人に山里の しぐるる頃のいりあひの鐘

 「この幕末時代のような古めかしい凡庸な擬古体の歌」と田辺聖子はばっさり斬っているし、晶子研究で知られる入江春行氏も『精選晶子百歌 観賞と解釈』で「単純な花鳥諷詠」と解釈している。入江氏は晶子もこんな花鳥諷詠を歌った時代もあったことを紹介したいと百歌に入れたそうだが、当時かなり作ったはずの歌を、晶子は自選のどの歌集にもまた全集にも収めていないという。

 若き晶子はまもなくこのような新古今和歌集的風情の歌に飽きたらぬものを感じ始める。そして、浪華青年文学会(後の関西青年文学会)の存在を知り、会の機関誌「よしあし草」(後、関西文学)に詩や歌を発表するようになる。

 浪華青年文学会は、明治30(1897)年に関西の文学好きが集まって作った青年グループで、31年12月に堺在住の詩人・河井酔茗を中心に堺支部が発足した。河井は堺に何代も続いた呉服屋の若主人で、弟に誘われるようにして、翌32年2月晶子も入会した。

 よしあし草へは早速、詩を投稿しているが注目すべきは、「鳳小舟」というペンネームを使い始めたこと。文学への傾斜を深めていたといえようか。

 ただし、内容はまだセンチメンタルで模倣にすぎない。
晶子は早くから東京の雑誌を読んでいた。中央文壇では島崎藤村が詩集「若菜集」で、樋口一葉が「一葉舟」「夏草」で注目されていた。「私は詩が解るようになっていながら、また相当に日本語を多く知っていながら表現するところは(薄田)泣菫の言葉づかいであり、藤村氏の模倣に過ぎなかった」と回想文で書いている。

 しかし、機は徐々に熟している。

 中央のめざましい文学的新風を感じていた晶子は、自分の暮らしに批判精神が芽生えてくる。

 晶子の日常は気詰まりなものだった。良家の娘として監視の目は厳しく、どこに行くにも女中がお供につき、夜間の外出は一切禁止だった。堺は遊芸が盛んで風紀が乱れているということから、父親は娘の部屋の外から鍵をかけていたほどだ。

 のちに自分の娘時代を回想して「父は飲酒家、母は無知、雇人は風儀の悪い者多く、親戚(しんせき)は吝嗇(りんしょく)でなければ強欲、土地は邪智・無趣味・淫蕩の人に満ちていた」(大正12(1923)年評論集『愛の創作』)と痛烈な批判を書いたほど。

 しかし、抑圧が強ければ強いだけ、反発も鋭くなる。

 田辺聖子はこう書いている。

 「晶子がもだもだと鬱屈した思いにとざされていた期間が、長ければ長いほど、却って晶子のたぐいまれな文学的生命の発芽にとってはめでたいことではなかったか。佳き酒は長く醸されて、豊醇な味わいをます。徐々に、彼女の非凡な資質はその輝きをまし、彼女の魂の内なる酒は、醗酵しつつある時期だったのだ」(『千すじの黒髪』)

 しかも、晶子はお年ごろ。恋に恋するには十分な環境だった。

 九重のみ園の花のおぼろ夜に 若い宮人長恨歌よむ

 源氏物語の絵巻か挿絵でも見て作ったものか。よしあし草に、恋の歌めいたものをたくさん寄せるようになる。

 「源氏物語のような文学書を読んで作中の恋には自分の事のように喜憂することがあってもそれは自分の夢の世界、空想の世界に遊んでいるに過ぎなかった」(「私の貞操感」)。

 晶子は後にも、鉄幹を知る以前につくった恋歌は空想の所産である、などとしばしば述べているが、すべてが空想の恋ではない。

 晶子が当時、3人の男性に恋文を出していることが分かっている。

 その手紙の出しようがちょっと面白い。


*2013.03.22 産経新聞関西版より
(http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/130322/wlf13032216300013-n1.htm)




チョコレート語訳 みだれ髪
河出書房新社
俵 万智

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by チョコレート語訳 みだれ髪 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

コロムビア 決定盤 文化を聴くCOCP-36585-6
コロムビアファミリークラブ
4988001420804CD2枚組決定盤 文化を聴く ?自作朗読の世界? DISC-1 〈詩朗読〉

楽天市場 by コロムビア 決定盤 文化を聴くCOCP-36585-6 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




【雑誌同時購入でポイント7倍!】与謝野晶子児童文学全集 2/與謝野晶子/上笙一郎【総額2500円以上送料無料】
オンライン書店boox
著者與謝野晶子(著) 上笙一郎(編)出版社春陽堂書店発行年月2007年07月ISBN97843949

楽天市場 by 【雑誌同時購入でポイント7倍!】与謝野晶子児童文学全集 2/與謝野晶子/上笙一郎【総額2500円以上送料無料】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
昌子には和菓子屋さんが似合うと思います。
井出浩司
2013/06/08 22:29

コメントする help

ニックネーム
本 文

天気予報


コアラのマーチ


AKB48ブログ集

© AKB48ブログ集
晶子の執着(5)良家の娘の抑圧 「邪智・淫蕩に満ちた地」 モノトーンの肖像画/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる