モノトーンの肖像画

アクセスカウンタ

zoom RSS 晶子の執着(1)実は激情の暴走歌人 「妻の深情け」

<<   作成日時 : 2013/06/02 22:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

 産経新聞WESTで記者の石野伸子さんが与謝野晶子についての素晴らしいコラムを連載しています。

 「読み直し浪花女」的に与謝野晶子が気になり始めたのは、田辺聖子編で晶子の評伝小説『千すじの黒髪 わが愛の与謝野晶子』(文春文庫)を読んでからだ。
画像
与謝野晶子40代。たっぷりの黒髪、強いまなざしが印象的(堺市〔堺市文化館与謝野晶子文芸館〕蔵)

 与謝野晶子といえば、明治・大正・昭和を生き抜いた歌壇の巨星。その存在はひとり歌の世界にとどまらず、平塚らいてう等との母性論争にみられるように時代の論壇にも大きな影響を与えた。

 「やは肌の あつき血汐にふれも見で さびしからずや 道を説く君」

 「清水へ 祇園をよぎる桜月夜 こよひ逢ふ人 みなうつくしき」

 国語の教科書に載る誰でもが知る歌。

 また、「あゝをとうとよ君を泣く 君死にたもふことなかれ」の絶唱。

 男とか女とか、大阪とか東京とか。そんなことを超越した存在、という意識が強かったのだが、『千すじの黒髪』を読むと、大阪弁にこだわる田辺作品であるからして当然、晶子は大阪弁を話す。

 「なあ、お母ァさん、なんで男やったら勉強できて、女はでけへんのですやろ」

 大阪府堺市の老舗菓子店の三女に生まれ、幼いころから古典に親しんだ晶子だが、古い因習の中で鬱々(うつうつ)とした娘時代を過ごしている。兄や弟が好きなように勉学に励むかたわらで家業の菓子店を手伝う日々を、やさしい母におっとりとした大阪弁で訴える。

 あるいは激情にかられるまま、妻ある身の与謝野鉄幹と一夜の宿を共にしたときには。

 「先生! 晶子とよんでちょうだい。かめしません」「先生こそ、奥さまやら登美子さまやら、あちこちにわたしより愛してはるおひとが、いやはるのとちがいますか」

 とねっとりと甘える。

 言葉というのは不思議なものだ。この大阪弁ひとつで、晶子はリアルに立ち上がる。明治の半ば、大阪の片田舎になりつつあった堺で、たわわな黒髪の下に熱を帯びた黒目を光らせて、古い商家の奥でもんもんと過ごす未来の情熱詩人が確かに息づき始める。

 そういえば、歌に大阪弁を使うことなどあるのだろうか。あるいは晶子は大阪を、故郷をどううたったのだろうか。

 若くして東京に出て、歌壇で華々しく活躍を始めた晶子だから、どうもこれまで大阪の女という感じがしなかった。大阪のにおいを感じなかった。

 近年、歌の世界を飛び越えて広く与謝野晶子がクローズアップされたのは映画「華の乱」(1988年)だったと思う。作家永畑道子が書いた評伝「華の乱」と「夢のかけ橋」を原作に深作欣二監督が手がけたもので、子だくさん(なんと11人も子供がいた)の貧乏暮らしの中で、夫鉄幹と気持ちを掛け違え、作家の有島武郎とひそやかな愛情を通わせたというドラマチックな設定で話題になった。

 大正デモクラシーの嵐の時代を矜持(きょうじ)をもって生きた晶子。その姿に改めて彼女の人生に思いをはせたものだったが、あの映画で、晶子を演じた吉永小百合に大阪を思わせる要素は何もなかったように思う。

 しかし、激しく生きた晶子の人生には、浪花女の痕跡はどこかに残っているはずだ。

 鉄幹をめぐる女弟子、山川登美子との三角関係は有名だが、その他にも女性の影が常につきまとう夫に晶子は生涯悩まされた。一方で、自分ばかりが脚光を浴び、世間から取り残され時代遅れになった夫を励ますため、自分の身を削るようにしてお金をかき集め、フランスに送り出した。

 この夫婦のありようにふと、織田作之助が「夫婦善哉」で提示した「しっかり女房にダメ亭主」という浪花女を重ねてみたくなるのは筋違いだろうか。

 「妻の深情け」は、夫にとって吉と出たのか、凶と出たのか。これはこれで興味深い。

 これから彼女の人生を、大阪を出発点にたどってみたいと思うのだが、タイトルはあえて「晶子の執着」としてみた。

 晶子の言動には、常にあふれるほどの情熱とエネルギーを感じる。「情熱の歌人」と言われる由縁だ。しかし、エネルギーはときに過剰に、暴走せんばかりにあふれ出る。執着とも執念ともつかぬままに。

 それは大阪で生まれ育ったことと関係あるのかないのか。それを見きわめるのも、晶子の人生と作品を読み直すひとつの楽しみだから。


*2013.2.18 産経新聞関西版より
(http://sankei.jp.msn.com/west/west_life/news/130218/wlf13021816310018-n3.htm)




源氏物語 28 野分
紫式部

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 源氏物語 28 野分 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

コロムビア 大石まどか全曲集露地しぐれ【演歌・歌謡曲 カセット】COTA-5401
コロムビアファミリークラブ
カセット[収録曲] 1.露地しぐれ  2.忍び里  3.なでしこ舞華  4.冬のれん  5.恋のしの

楽天市場 by コロムビア 大石まどか全曲集露地しぐれ【演歌・歌謡曲 カセット】COTA-5401 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ラブレター DVD-BOX3
TCエンタテインメント

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ラブレター DVD-BOX3 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
こっちで来ましたか。
戦争系でないと、自分自身興味が湧いてこないが・・・。
山口県は前から好きっていうか、ゆかりのある県でした。
長州力あたりでも良かったが・・・。
産経新聞で連載しないだろうね。
大阪か・・・
井出浩司
2013/06/03 14:39

コメントする help

ニックネーム
本 文

天気予報


コアラのマーチ


AKB48ブログ集

© AKB48ブログ集
晶子の執着(1)実は激情の暴走歌人 「妻の深情け」 モノトーンの肖像画/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる