モノトーンの肖像画

アクセスカウンタ

zoom RSS 【紅と白 高杉晋作伝】〜関厚夫(212)雷電篇 回天(一)

<<   作成日時 : 2013/05/08 21:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1




 瓢箪から駒、晋作と春輔は反政府からの許可を得て、イギリスへ留学しようとします。しかし、時勢がそれを許しませんでした。
 長崎のグラバーに相談すると、留学なんぞに現を抜かすよりも、馬関を開港して幕府とは別に、独自の富国強兵策を取れと言うのです。
 目から鱗、早速晋作、春輔、聞多の三人は「外国応接掛」として馬関開港の実現に動きはじめます。しかし、そううまく物事は進みません。馬関開港によって権益を失う、支藩の長府・清末藩が反対します。さらには過激派攘夷志士にも命を狙われ始めます。
 またしても逃げる羽目になった三人、それぞれバラバラに落ち延びていきます。晋作は伊予の道後温泉に向かいました。しかもしっかりと、女連れてました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
毎日、これだけまとめてあるのがすごい。毎日つずけられるのがすごいです。個人的な感想もあるといいかも
例:女はおそらくB90以上だったのではないか。
井出浩司
2013/05/09 10:18

コメントする help

ニックネーム
本 文

天気予報


コアラのマーチ


AKB48ブログ集

© AKB48ブログ集
【紅と白 高杉晋作伝】〜関厚夫(212)雷電篇 回天(一) モノトーンの肖像画/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる