モノトーンの肖像画

アクセスカウンタ

zoom RSS 【紅と白 高杉晋作伝】〜関厚夫(231)雷電篇 維新へ(七)

<<   作成日時 : 2013/05/27 20:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0




 第二次長州征討は、「四境戦争」とも呼ばれています。四方から長州に攻め入るという意味ですが、本当は萩からも攻め入る手はずになっていました、しかしそこの担当は薩摩藩、薩長同盟から当然のごとくこれを拒否、結果的に四方向からになった次第です。
 最新式の兵装を整えた長州軍は、大村益次郎(大河ドラマ「花神」の主人公で、中村梅之助がやってました)を始め、各人が大活躍をします。
 序盤戦を押し気味に進めていく中、晋作は小倉口を担当、征長軍の本営・小倉城へと進撃します。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

天気予報


コアラのマーチ


AKB48ブログ集

© AKB48ブログ集
【紅と白 高杉晋作伝】〜関厚夫(231)雷電篇 維新へ(七) モノトーンの肖像画/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる