モノトーンの肖像画

アクセスカウンタ

zoom RSS 【紅と白 高杉晋作伝】〜関厚夫(227)雷電篇 維新へ(三)

<<   作成日時 : 2013/05/23 21:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1




 10万石の減封という落としどころで決着がつくと思った幕府でしたが、長州藩の正使・宍戸は断固これを拒否します。面目をつぶされた幕府は、宍戸の身柄を拘束し、開戦準備に向かいます。
 開戦になった場合、幕府軍の主力となる薩摩藩に出兵の命を出しますが、薩摩藩は断固としてこれを拒否、もちろん、裏には薩長の密約があるからです。
 そんな中で、晋作も兵装の準備を整えるために動きます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
このへんは薩摩がうまいんだよね。
井出浩司
2013/05/28 16:49

コメントする help

ニックネーム
本 文

天気予報


コアラのマーチ


AKB48ブログ集

© AKB48ブログ集
【紅と白 高杉晋作伝】〜関厚夫(227)雷電篇 維新へ(三) モノトーンの肖像画/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる