モノトーンの肖像画

アクセスカウンタ

zoom RSS 【紅と白 高杉晋作伝】〜関厚夫(225)雷電篇 維新へ(一)

<<   作成日時 : 2013/05/21 21:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1




 晋作は、表向きは上海へ渡ったことになっていましたが、長崎で春輔と合流し、イギリスへ渡ることになっていました。ところが党の晋作が、馬関にいるというのです。しかも戦艦を購入しているらしいのです。
 薩摩藩との盟約により、どうやら幕府との全面対決の危機が遠のいていると判断されていたこの時期、実は晋作は戦争の準備をしていました。維新の始まりが近づいていましたが、晋作の人生も既に残り3ハロンを切っていました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
僕は明治88年生まれ。
たかだか、僕の生まれる90年前の事だね。
こう考えると、今の人は長生きしすぎじゃねーか・・。
と公には絶対言えないことだね。
イデボットでもつぶやいておきます。
井出浩司
2013/05/21 22:20

コメントする help

ニックネーム
本 文

天気予報


コアラのマーチ


AKB48ブログ集

© AKB48ブログ集
【紅と白 高杉晋作伝】〜関厚夫(225)雷電篇 維新へ(一) モノトーンの肖像画/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる