モノトーンの肖像画

アクセスカウンタ

zoom RSS 【紅と白 高杉晋作伝】〜関厚夫(224)雷電篇 前夜(三)

<<   作成日時 : 2013/05/20 21:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1




 正妻のまさを家中において最も大事な琴にたとえ、御機嫌を取る晋作。うまくいったと思い、内心では愛人のおうのを便利に持ち運びができる、三味線に例えて、一人悦に入る始末...しかし、まさには夫が愛人の存在をうまくごまかしていることがわかっていました。女心は一筋縄ではいきません。
 続いて晋作、伊藤春輔とイギリス留学をするので、息子や父母のことをよろしく頼むと、手をついて頼みます。これでまさを再び、萩に戻すことに成功しました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
実際はスゴイ修羅場だったような話を聞いたことがあります。
井出浩司
2013/05/21 22:16

コメントする help

ニックネーム
本 文

天気予報


コアラのマーチ


AKB48ブログ集

© AKB48ブログ集
【紅と白 高杉晋作伝】〜関厚夫(224)雷電篇 前夜(三) モノトーンの肖像画/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる