モノトーンの肖像画

アクセスカウンタ

zoom RSS 【紅と白 高杉晋作伝】〜関厚夫(221)雷電篇 回天(十)

<<   作成日時 : 2013/05/17 22:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1




 二回目の征長戦が武力衝突にするのか、和平に持っていくつもりなのか幕府の態度は煮え切りません。ここに西郷は幕府の衰えをはっきりと自覚しました。
 一方晋作も、藩主に対し戦端を開くことを主張します。晋作もまた、幕府の衰えを感じ、勝機を見出していました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
ホントは、薩摩VS長州の最終決戦が見たかった。
井出浩司
2013/05/19 16:35

コメントする help

ニックネーム
本 文

天気予報


コアラのマーチ


AKB48ブログ集

© AKB48ブログ集
【紅と白 高杉晋作伝】〜関厚夫(221)雷電篇 回天(十) モノトーンの肖像画/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる