モノトーンの肖像画

アクセスカウンタ

zoom RSS 【紅と白 高杉晋作伝】〜関厚夫(218)雷電篇 回天(七)

<<   作成日時 : 2013/05/14 21:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1




 晋作らはついに、木戸の説得に成功、木戸を筆頭とした特使団が京へ向けて出立しました。仲介役の龍馬も、また京へ向かいました。
 龍馬を送り出すためのささやかな宴席を張った晋作の心は揺れ惑っています。晋作の心ははっきりと開国に傾いているのですが、同志たちは今だ攘夷、鎖国主義者だからでした。
 そんな晋作、久ぶりに父の元を尋ねました。入獄以来、育み扱いの身になっていた晋作、父・小忠太はめっきり老け込んでいました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
萩城跡行ってみたいね。この3年(病気してから)千葉・東京・埼玉以外行ったことないです。
井出浩司
2013/05/15 09:43

コメントする help

ニックネーム
本 文

天気予報


コアラのマーチ


AKB48ブログ集

© AKB48ブログ集
【紅と白 高杉晋作伝】〜関厚夫(218)雷電篇 回天(七) モノトーンの肖像画/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる