モノトーンの肖像画

アクセスカウンタ

zoom RSS 【紅と白 高杉晋作伝】〜関厚夫(185)疾風篇 怒濤(三)

<<   作成日時 : 2013/04/09 21:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1




 朝敵となった長州藩に幕府軍が、やってきます。それへの対応をめぐって、またしても守旧派の「一意恭順」と、改革派の「武備恭順」が対立します。ポツダム宣言を無条件で受け入れるか、条件を付けて受け入れるかの対立のようなもんです。
 藩主父子の真意を受けた井上聞多、守旧派を論破し、ついでにクーデターを起こして、守旧派を一掃しようとしたのですが、逆に刺客に襲われ重傷を負います。そんな中で、晋作たちの先輩で、改革派の中心人物だった周布政之助が、守旧派の圧迫に耐えかねて、自害してしまいます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
ここで周布政之助が死んでしまうんですね。切腹痛いよ。麻酔したほうがいいです。
井出浩司
2013/04/10 11:05

コメントする help

ニックネーム
本 文

天気予報


コアラのマーチ


AKB48ブログ集

© AKB48ブログ集
【紅と白 高杉晋作伝】〜関厚夫(185)疾風篇 怒濤(三) モノトーンの肖像画/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる