モノトーンの肖像画

アクセスカウンタ

zoom RSS 【紅と白 高杉晋作伝】〜関厚夫(179)疾風篇 談判(六)

<<   作成日時 : 2013/04/03 21:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1




 交渉役に晋作がいないことから、連合国側は長州藩の足元を見ます。その結果、賠償金の支払い要求をあっさりと承諾させてしまいました。
 これには通訳として同行していた、井上があわてます。潜伏している、晋作と春輔の元に駆けつけました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
太平洋戦争も暗号以前に語訳だれけだったみたいよ。ポツダム宣言も人によって解釈が違ってたみたい。ある程度しょうがないけど、しょうがないではすまない。
井出浩司
2013/04/04 10:27

コメントする help

ニックネーム
本 文

天気予報


コアラのマーチ


AKB48ブログ集

© AKB48ブログ集
【紅と白 高杉晋作伝】〜関厚夫(179)疾風篇 談判(六) モノトーンの肖像画/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる