モノトーンの肖像画

アクセスカウンタ

zoom RSS 【紅と白 高杉晋作伝】〜関厚夫(204)雷電篇 一擲(八)

<<   作成日時 : 2013/04/29 14:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1




 挙兵した晋作を鎮圧できない長州藩守旧派は、謹慎中の改革派を斬首に処します。これを聞いた西郷、自らの描いた和平へのプロセスが瓦解したことにひどく落胆し、征長軍は解兵になりました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
西郷は内紛狙いだったが、あまりにも片一方が弱すぎたっていうことだね。
ま、西郷もどこまで本気だったか、僕は疑わしいと思います。
井出浩司
2013/04/29 22:02

コメントする help

ニックネーム
本 文

天気予報


コアラのマーチ


AKB48ブログ集

© AKB48ブログ集
【紅と白 高杉晋作伝】〜関厚夫(204)雷電篇 一擲(八) モノトーンの肖像画/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる