モノトーンの肖像画

アクセスカウンタ

zoom RSS 【紅と白 高杉晋作伝】〜関厚夫(198)雷電篇 一擲(二)

<<   作成日時 : 2013/04/23 23:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1




  決起に対し、自重を促す奇兵隊の面々。晋作はついに切れます。そして放った言葉は、自重派の中心人物、赤根武人の門地に対する差別的発言でした。
 孤立する晋作。普通であれば、こんな状態では決起などうまくいくはずがありません。それでも決起にこだわるのは、もののふとしての本能的な読みがあったのかもしれません。
*もののふと言っても、ももクロとは関係ありません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
僕もモノノフにはなれない。
井出浩司
2013/04/25 12:35

コメントする help

ニックネーム
本 文

天気予報


コアラのマーチ


AKB48ブログ集

© AKB48ブログ集
【紅と白 高杉晋作伝】〜関厚夫(198)雷電篇 一擲(二) モノトーンの肖像画/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる