モノトーンの肖像画

アクセスカウンタ

zoom RSS 【紅と白 高杉晋作伝】〜関厚夫(186)疾風篇 怒濤(四)

<<   作成日時 : 2013/04/10 21:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1




 蛤御門の変を阻止することができなかったことに責任を感じる周布政之助。台頭する守旧派に、精神的に追い詰められ、ついに自刃してしまいました。残る改革派も、井上が刺客に襲われ、改革派家老たちも解任されます。ここにおいても、やはり藩主がだらしないと言えばだらしないです。自分の真意があるならはっきりと、言うべきなのに、密かに改革派をたきつけ、失敗すると知らん顔で、守旧派の言いなりになります。
 そんな中、晋作はパパになりました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
こういう時でも、しっかりやることはやっていた晋作君でした。
井出浩司
2013/04/10 22:47

コメントする help

ニックネーム
本 文

天気予報


コアラのマーチ


AKB48ブログ集

© AKB48ブログ集
【紅と白 高杉晋作伝】〜関厚夫(186)疾風篇 怒濤(四) モノトーンの肖像画/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる