モノトーンの肖像画

アクセスカウンタ

zoom RSS 【紅と白 高杉晋作伝】〜関厚夫(177)疾風篇 談判(四)

<<   作成日時 : 2013/04/01 22:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1




 ニセモノの家老に仕立て上げられて、外国と交渉する晋作は、一回だけで嫌になり、投げ出そうとします。しかし、それを必死に押しとどめる春輔。彼には、晋作でなければ長州藩は救えないという確信がありました。
 そんな時、船木代官の久保清太郎が驚くべき情報をもたらします。なんと、晋作や春輔を暗殺しようという輩がいるというのです。久保は200両を用意して、高飛びを勧めます。



考古学・人類学・言語学との対話?日本語はどこから来たのか
岩波書店
馬場 悠男

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 考古学・人類学・言語学との対話?日本語はどこから来たのか の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
この話は初めてだね。200両っていくら?
井出浩司
2013/04/03 10:50

コメントする help

ニックネーム
本 文

天気予報


コアラのマーチ


AKB48ブログ集

© AKB48ブログ集
【紅と白 高杉晋作伝】〜関厚夫(177)疾風篇 談判(四) モノトーンの肖像画/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる