モノトーンの肖像画

アクセスカウンタ

zoom RSS 【紅と白 高杉晋作伝】〜関厚夫(176)疾風篇 談判(三)

<<   作成日時 : 2013/03/31 14:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1




 晋作を正使とした四か国連合艦隊との交渉が始まりました。伊藤春輔は通訳です。初日の交渉は、相手方の要求がどれも受け入れるものばかりなので、スムーズに行きました。
 賠償や領土割譲などの要求を覚悟していた晋作にとって、安堵できる内容でしたが、そう簡単に行くはずがありません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
東南アジアは植民地、極東(日本、朝鮮)は貿易相手、っていうのが4カ国の考えだったと思う。理由分からないけど。
井出浩司
2013/04/03 10:48

コメントする help

ニックネーム
本 文

天気予報


コアラのマーチ


AKB48ブログ集

© AKB48ブログ集
【紅と白 高杉晋作伝】〜関厚夫(176)疾風篇 談判(三) モノトーンの肖像画/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる