モノトーンの肖像画

アクセスカウンタ

zoom RSS 【紅と白 高杉晋作伝】〜関厚夫(175)疾風篇 談判(二)

<<   作成日時 : 2013/03/30 16:55   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1




 蟄居謹慎処分を解かれた晋作は、山口随一の醤油(しょうゆ)製造業、萬代家の離れである十朋亭で伊藤春輔と再会しました。そして再会の喜びを味わう間もなく、四か国連合艦隊に蹂躙された馬関へと向かいます。
 馬関で、連合艦隊の旗艦・ユーライアラス(英)へと向かいます。7日前まで罪人であった晋作は、今長州藩の命運を担う役目を背負っていることの不思議さを思い、感慨にふけっていましたが、その視線の先には、ユーライアラス艦上に先乗りしている春輔の姿がありました。



卑弥呼はふたりいた (晋遊舎新書 S10)
晋遊舎
関 裕二

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 卑弥呼はふたりいた (晋遊舎新書 S10) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
春輔と聞多はおいしいよね。何度も言いますが・・・。
井出浩司
2013/03/30 17:57

コメントする help

ニックネーム
本 文

天気予報


コアラのマーチ


AKB48ブログ集

© AKB48ブログ集
【紅と白 高杉晋作伝】〜関厚夫(175)疾風篇 談判(二) モノトーンの肖像画/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる