モノトーンの肖像画

アクセスカウンタ

zoom RSS 【紅と白 高杉晋作伝】〜関厚夫(168)疾風篇 国破(五)

<<   作成日時 : 2013/03/23 14:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1




 鷹司邸に逃げ込んだ長州勢、会津、薩摩など諸藩が取り囲み責め立てます。久坂玄瑞も負傷して邸内にいました。
 玄瑞は、軍事行動が軽挙妄動であったことを悔やみます。死を覚悟し、周りの隊士に落ち延びることを勧めます。松下村塾以来の同志をたくさん死なせてしまった責任を痛感、師・松陰に詫びる言葉もありません。
 そんな中で、村塾以来の同志、寺島忠三郎は今回の戦闘に参加していない、晋作の名を口にします。謹慎中の晋作こそ、希望の光でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
いよいよ久坂玄瑞の最後か。
要約お疲れ様です。
井出浩司
2013/03/23 21:46

コメントする help

ニックネーム
本 文

天気予報


コアラのマーチ


AKB48ブログ集

© AKB48ブログ集
【紅と白 高杉晋作伝】〜関厚夫(168)疾風篇 国破(五) モノトーンの肖像画/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる