モノトーンの肖像画

アクセスカウンタ

zoom RSS 【紅と白 高杉晋作伝】〜関厚夫(147)奇妙篇 転々(六)

<<   作成日時 : 2013/03/02 16:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1




 晋作の来島への説得は、既に四日めになりました。京への進撃を見合わせることは藩主の意向であることを説明しますが聞き入れられません。来島一人の存念ではなく、遊撃隊の総意であるというのです。
 しかし、総意というのは眉唾物でした。遊撃隊の新参者である浮田某と高橋某が過激な論をぶち上げたところ、古参の隊士がそれに負けじと進撃論を迫ったというのが真相でした。



卑弥呼はふたりいた (晋遊舎新書 S10)
晋遊舎
関 裕二

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 卑弥呼はふたりいた (晋遊舎新書 S10) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
山口県VS日本、で山口県は簡単には勝てなかったんだ。
井出浩司
2013/03/02 17:22

コメントする help

ニックネーム
本 文

天気予報


コアラのマーチ


AKB48ブログ集

© AKB48ブログ集
【紅と白 高杉晋作伝】〜関厚夫(147)奇妙篇 転々(六) モノトーンの肖像画/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる