モノトーンの肖像画

アクセスカウンタ

zoom RSS 【紅と白 高杉晋作伝】〜関厚夫(146)奇妙篇 転々(五)

<<   作成日時 : 2013/03/01 21:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1




 「八月十八日の政変」で朝廷を追われた長州藩、捲土重来を期し、晋作は「若殿様御上京御用掛」という要職に就任しました。しかし長州藩内部ではマグマが胎動を始めていました。
 晋作が創設した「奇兵隊」と同じように、身分にとらわれない軍事組織、「遊撃軍」を組織した男がいました。来島又兵衛です。来島は元々は開国論者でしたが、ペリー来航の圧力の末の開港という現実を見て、攘夷論者に転向、さらに「八月十八日の政変」劇でついに暴走を始めました。
 そんな来島の説得に向かったのが晋作でしたが、脱藩というとんでもないことをしでかします。



いのちとこころのNHK中学生日記 1/関功/大久保晋作【もれなくクーポンプレゼント・読書家キャンペーン実施中!】
オンライン書店boox
著者関功(著) 大久保晋作(編)出版社四季社発行年月2002年11月ISBN978488405163

楽天市場 by いのちとこころのNHK中学生日記 1/関功/大久保晋作【もれなくクーポンプレゼント・読書家キャンペーン実施中!】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

考古学・人類学・言語学との対話?日本語はどこから来たのか
岩波書店
馬場 悠男

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 考古学・人類学・言語学との対話?日本語はどこから来たのか の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
この前映画「レ・ミゼラブル」を見たけど、この時代の50年前のパリの話だ。
すでに下水もできている。開国賛成。
井出浩司
2013/03/02 11:27

コメントする help

ニックネーム
本 文

天気予報


コアラのマーチ


AKB48ブログ集

© AKB48ブログ集
【紅と白 高杉晋作伝】〜関厚夫(146)奇妙篇 転々(五) モノトーンの肖像画/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる