モノトーンの肖像画

アクセスカウンタ

zoom RSS 【紅と白 高杉晋作伝】〜関厚夫(127)奇妙篇 誕生(三)

<<   作成日時 : 2013/02/09 21:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1




 藩主から直々に馬関防衛の責任者に抜擢された晋作でしたが、現地に着任してみると、藩直属の正規軍が全く戦力になっていません。武門でありながら、すっかり平和ボケしていて、戦意も喪失しています。
 そんな中で、久坂なども加わっている、言わば非正規軍の「光明寺党」と呼ばれる一団がありました。こちらは戦意もすこぶる高いのですが、色々問題を起こす厄介集団でした。何とか使いこなしたい晋作、師・松陰との会話を思い出します。いよいよ、「奇兵隊」の誕生です。



卑弥呼はふたりいた (晋遊舎新書 S10)
晋遊舎
関 裕二

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 卑弥呼はふたりいた (晋遊舎新書 S10) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
奇兵隊は孫子から来ているのか。
深い。
井出浩司
2013/02/10 14:52

コメントする help

ニックネーム
本 文

天気予報


コアラのマーチ


AKB48ブログ集

© AKB48ブログ集
【紅と白 高杉晋作伝】〜関厚夫(127)奇妙篇 誕生(三) モノトーンの肖像画/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる