モノトーンの肖像画

アクセスカウンタ

zoom RSS 【紅と白 高杉晋作伝】〜関厚夫(125)奇妙篇 誕生(一)

<<   作成日時 : 2013/02/07 21:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1




 謹慎を解くことを知らせに来たのは、何と父・小忠太と母・道。晋作には直ちに山口に出立することを伝え、一緒に暮らしていた妻・政は道が本家に連れて帰る手はずになっていました。
 ところで、昨日、幕府の命を真に受けて攘夷を決行した長州藩をバカな藩と言いましたが、晋作も全く同じ考えでした。諸外国相手に戦を仕掛けたところで、勝ち目なぞあるはずもなく、まずは富国強兵に徹するべしという、まっとうな主張です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
次回も目が離せないね。
晋作頑張って。
井出浩司
2013/02/08 17:47

コメントする help

ニックネーム
本 文

天気予報


コアラのマーチ


AKB48ブログ集

© AKB48ブログ集
【紅と白 高杉晋作伝】〜関厚夫(125)奇妙篇 誕生(一) モノトーンの肖像画/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる