モノトーンの肖像画

アクセスカウンタ

zoom RSS 【紅と白 高杉晋作伝】〜関厚夫(122)奇妙篇 攘夷(二)

<<   作成日時 : 2013/02/04 21:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1




 出家と称して、体のいい軟禁状態の晋作、自分の生きるべき方向が見つかりません。師・松陰の墓に通ってみても、その答えは見つからず、齢20代にして、人生の秋を感じる始末....
 悶々とする晋作、その時目の前に一筋の光が飛ぶのが見えました。蛍です。晋作は一気に悟りを開きました。夏の虫蛍を見たということは、人生まだこれから盛夏がやってくると確信したのです。



マンガ霞が関埋蔵金 (晋遊舎ムック)
晋遊舎
高橋 洋一

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by マンガ霞が関埋蔵金 (晋遊舎ムック) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
この時、何歳だったわけ。
焦る必要も何もないっすよ。
井出浩司
2013/02/05 10:12

コメントする help

ニックネーム
本 文

天気予報


コアラのマーチ


AKB48ブログ集

© AKB48ブログ集
【紅と白 高杉晋作伝】〜関厚夫(122)奇妙篇 攘夷(二) モノトーンの肖像画/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる