モノトーンの肖像画

アクセスカウンタ

zoom RSS 【紅と白 高杉晋作伝】〜関厚夫(142)奇妙篇 転々(一)

<<   作成日時 : 2013/02/25 22:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1




  「八月十八日の政変」で京を追われた長州藩。藩内部では責任論が浮上します。攻めるは、これまで尊王攘夷派に押されっ放しだった、守旧派の椋梨藤太たち。周布政之助らの罷免を要求します。藩主・毛利慶親はこの要求を渋りますが、守旧派は強硬です。仕方なく要求をのみました。さらに「教法寺事件」を起こした奇兵隊へも、その矛先が向けられますが、何とか解散だけは回避できました。
 落ち込む晋作の元に、世子・毛利定広から書状が届きます。そこには心ならずも、罷免を行わざるを得なかった事情が認められており、なお晋作への期待が込められていました。



やさしく語る放射線 (新コロナシリーズ)
コロナ社
菅野 卓治

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by やさしく語る放射線 (新コロナシリーズ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
「今回は我慢してくれ、次は必ず」っていうのは、僕自身何回も言われたけど、半分くらいかな、その通りになったの。
井出浩司
2013/02/26 09:22

コメントする help

ニックネーム
本 文

天気予報


コアラのマーチ


AKB48ブログ集

© AKB48ブログ集
【紅と白 高杉晋作伝】〜関厚夫(142)奇妙篇 転々(一) モノトーンの肖像画/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる