モノトーンの肖像画

アクセスカウンタ

zoom RSS 【紅と白 高杉晋作伝】〜関厚夫(120)狂生篇 暴走(七)

<<   作成日時 : 2013/02/02 19:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1




  10年間の休暇をもらった晋作は髪を下し、東行と号します。言うまでもなく、西行のパクリ、いやオマージュです。
 しかし、世捨て人になろうとしたわけではありませんでした。なんと、将軍・家茂の暗殺を企てていたのです。この大それた企てに恐れをなした藩は、晋作を強制的に萩に帰還させます。
 それにしても、幕府は諸藩を統制しきれなくなっており、諸藩もまた家臣の統制が効かなくなっています。時代は確実に動いています。




考古学・人類学・言語学との対話?日本語はどこから来たのか
岩波書店
馬場 悠男

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 考古学・人類学・言語学との対話?日本語はどこから来たのか の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
>10年間の休暇を願い出てみとめられた
ま、クビっていうことだろう。
井出浩司
2013/02/04 09:35

コメントする help

ニックネーム
本 文

天気予報


コアラのマーチ


AKB48ブログ集

© AKB48ブログ集
【紅と白 高杉晋作伝】〜関厚夫(120)狂生篇 暴走(七) モノトーンの肖像画/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる