モノトーンの肖像画

アクセスカウンタ

zoom RSS 【紅と白 高杉晋作伝】〜関厚夫(131)奇妙篇 誕生(七)

<<   作成日時 : 2013/02/14 21:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1




 玄瑞は、京で何やらことを興そうと企んでいるようでした。義挙、と言いますが過激な尊王攘夷派である真木和泉の名前が出るに及んで、その計画は危険なものであると察しがつきました。
 晋作は、米仏相手にボロ負け状態である長州藩が、この上さらに戦線を拡大するなど、無謀極まりないと考え、玄瑞に忠告しようとします。しかし玄瑞、勝算はもちろんのこと、大義があるといって、聞きません。
 八月十四日の政変が迫っていました。




やさしく語る放射線 (新コロナシリーズ)
コロナ社
菅野 卓治

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by やさしく語る放射線 (新コロナシリーズ) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
八月十四日の政変で、誰が死んじゃったりするんだっけ。
ま、じっくり読ませていただきます。
井出浩司
2013/02/15 15:56

コメントする help

ニックネーム
本 文

天気予報


コアラのマーチ


AKB48ブログ集

© AKB48ブログ集
【紅と白 高杉晋作伝】〜関厚夫(131)奇妙篇 誕生(七) モノトーンの肖像画/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる