モノトーンの肖像画

アクセスカウンタ

zoom RSS 【紅と白 高杉晋作伝】〜関厚夫(129)奇妙篇 誕生(五)

<<   作成日時 : 2013/02/11 20:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1




  身分の上下に関係のない、言わば実力主義の奇兵隊には、続々と志願者が現われ、100人を超える勢いになりました。しかし、元々は公卿を盟主に仰ぎ、勝手な行動をとる連中です。晋作は、厳しく軍律を守らせました。階級のヒエラルキーも整えます。
 やがて玄瑞も京から戻ってきますが、その印象は以前とはずいぶん変わっていました。
 晋作が十分注意していたにもかかわらず、後にあの「教法寺事件」がおきてしまいます。



聖徳太子は蘇我入鹿である (晋遊舎新書 S03)
晋遊舎
関 裕二

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 聖徳太子は蘇我入鹿である (晋遊舎新書 S03) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
明治維新の5年前だね。
この間に晋作死んじゃうわけだ。
もったいない。
あと、久坂玄瑞と再会した6月15日は僕の誕生日だ。
関係ないか。
久坂玄瑞も死んじゃうんだね。
井出浩司
2013/02/11 22:00

コメントする help

ニックネーム
本 文

天気予報


コアラのマーチ


AKB48ブログ集

© AKB48ブログ集
【紅と白 高杉晋作伝】〜関厚夫(129)奇妙篇 誕生(五) モノトーンの肖像画/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる