モノトーンの肖像画

アクセスカウンタ

zoom RSS 【紅と白 高杉晋作伝】〜関厚夫(113)狂生篇 竜虎(七)

<<   作成日時 : 2013/01/26 16:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2




  いったんなじみの茶屋に引き下がった晋作以下の襲撃隊でしたが、いつ暴発するかわかりません。説得を試みるものとの間で決裂すれば、薩摩藩の寺田屋騒動の二の舞になります。そこでついに、世子の毛利定広自身が説得に向かいました。
 定広は長州藩の力を必要としている朝廷のために、一緒に働いてほしいと、丁寧に説得します。次期藩主にこうまで頭を下げられては、一同、感激しないはずがありません。しかし、晋作はクールでした。玄瑞の策略を見抜いたようです。



【1000円以上送料無料】膝関節鏡下手術/吉矢晋一
オンライン書店 BOOKFAN
著者吉矢晋一(編集)出版社文光堂発行年月2010年05月ISBN9784830627668ページ数3

楽天市場 by 【1000円以上送料無料】膝関節鏡下手術/吉矢晋一 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
当時の藩主はまだ権威があったんだね。
井出浩司
2013/01/26 17:55
山内容堂=酔って候ですかね。柳ジョージとレイニーウッド
http://youtu.be/0GDTyRd6a74
管理人
2013/01/27 13:53

コメントする help

ニックネーム
本 文

天気予報


コアラのマーチ


AKB48ブログ集

© AKB48ブログ集
【紅と白 高杉晋作伝】〜関厚夫(113)狂生篇 竜虎(七) モノトーンの肖像画/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる