モノトーンの肖像画

アクセスカウンタ

zoom RSS 【紅と白 高杉晋作伝】〜関厚夫(63)覚醒篇 遍歴(五)

<<   作成日時 : 2012/12/04 21:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1




  象山は晋作に対して、孫子の兵法から質問をするのですが、晋作に答える暇を与えず、自分で回答してしまいます。まさに独壇場。象山は、西洋の進んだ技術を取り入れることが肝要であるという自説を述べ、この点において、攘夷論者の松陰とは相いれなかったと言いました。
 これを聞き、今まで押されっ放しの晋作、初めて反論を開始します。



卑弥呼はふたりいた (晋遊舎新書 S10)
晋遊舎
関 裕二

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 卑弥呼はふたりいた (晋遊舎新書 S10) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

いのちとこころのNHK中学生日記 1/関功/大久保晋作【RCP】
オンライン書店boox
著者関功(著) 大久保晋作(編)出版社四季社発行年月2002年11月ISBN978488405163

楽天市場 by いのちとこころのNHK中学生日記 1/関功/大久保晋作【RCP】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
ま、昔はいくつも教科書なかったしね。
数学なんかどうしてたのかね。
井出浩司
2012/12/05 11:26

コメントする help

ニックネーム
本 文

天気予報


コアラのマーチ


AKB48ブログ集

© AKB48ブログ集
【紅と白 高杉晋作伝】〜関厚夫(63)覚醒篇 遍歴(五) モノトーンの肖像画/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる