モノトーンの肖像画

アクセスカウンタ

zoom RSS 【紅と白 高杉晋作伝】〜関厚夫(86)狂生篇 嵐の予感(一)

<<   作成日時 : 2012/12/29 13:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1




  晋作は、元々、幕府の「文久遣欧使節」の随行が予定されており、世子・毛利定広が動いたのですが、定員に足しており、断念せざるを得ませんでした。
 「文久遣欧使節」は、「両都両港開市開港延期交渉」と「日露国境画定交渉」を目的として派遣されており、後の明治時代を担う豪華な顔触れがそろっておりました。
 結局、晋作の渡海は、幕府が清に派遣する使節に随行、上海へと向かったのです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
>開国(3港の先行開港)による物価高騰
ま、今もこれに似たようなことやろうとしてるわけだわな。
何か安倍総理張り切ってるんだよね。
http://www.news-us.jp/article/310478936.html
井出浩司
2012/12/30 10:03

コメントする help

ニックネーム
本 文

天気予報


コアラのマーチ


AKB48ブログ集

© AKB48ブログ集
【紅と白 高杉晋作伝】〜関厚夫(86)狂生篇 嵐の予感(一) モノトーンの肖像画/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる