モノトーンの肖像画

アクセスカウンタ

zoom RSS 【紅と白 高杉晋作伝】〜関厚夫(85)狂生篇 再び、江戸(九)

<<   作成日時 : 2012/12/28 15:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1




  政之助は、国難を利用して幕府の復権を図ろうとする老中・安藤信正の企みを見抜いていました。それに加担することになる長井雅樂、何としても阻止すると宣言します。
 晋作はこれを聞いて、目から鱗が落ちる思い、脱藩して藩論を変えると言い出します。しかしそこで、桂が声をあげます。晋作に、松陰の遺志を継ぎ海外へ出て、見聞を広めて来いと言うのです。
 さらに先ほど大喧嘩をした玄瑞さえも、晋作を藩の中枢にあるべき者と言い、外国行きを進めるのでした。



聖徳太子は蘇我入鹿である (晋遊舎新書 S03)
晋遊舎
関 裕二

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 聖徳太子は蘇我入鹿である (晋遊舎新書 S03) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

人間の身体と精神の関係 コペンハーゲン論考1811年 【中古】afb
古書 高原書店
発行年:1997年備考:-状態:B-サイズ参考画像はありません

楽天市場 by 人間の身体と精神の関係 コペンハーゲン論考1811年 【中古】afb の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
とりあえず、短期間のホームステイ、とか行ったらいいと思います。
井出浩司
2012/12/28 21:01

コメントする help

ニックネーム
本 文

天気予報


コアラのマーチ


AKB48ブログ集

© AKB48ブログ集
【紅と白 高杉晋作伝】〜関厚夫(85)狂生篇 再び、江戸(九) モノトーンの肖像画/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる