モノトーンの肖像画

アクセスカウンタ

zoom RSS 【紅と白 高杉晋作伝】〜関厚夫(83)狂生篇 再び、江戸(七)

<<   作成日時 : 2012/12/26 21:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1




 悪くすれば刃傷沙汰になるところに、タイミングよく周布政之助が現われました。いつものように酔っぱらっています。
 「お前の母ちゃん出べそ」の様な事を言われてカッとなった晋作でしたが、これで振り上げたこぶしが降ろせます。政之助は晋作を窘めます。
 晋作は政之助が『航海遠略策』に理解があると思い、玄瑞の頭を冷やさせる目的から、ネタを振ります。しかし、意外なことに政之助も玄瑞と全く同じ意見でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
>「お前の母ちゃん出べそ」の様な事を言われて
親の悪口を言われて黙っている武士はいなかった。
井出浩司
2012/12/27 11:07

コメントする help

ニックネーム
本 文

天気予報


コアラのマーチ


AKB48ブログ集

© AKB48ブログ集
【紅と白 高杉晋作伝】〜関厚夫(83)狂生篇 再び、江戸(七) モノトーンの肖像画/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる