モノトーンの肖像画

アクセスカウンタ

zoom RSS 【紅と白 高杉晋作伝】〜関厚夫(61)覚醒篇 遍歴(三)

<<   作成日時 : 2012/12/02 21:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1




  晋作と象山の対面が始まりました。象山は身の丈6尺を超える偉丈夫、西洋人かと思えるほどの風体でした。そして何より、耳が見えません。
 そんな晋作の心を見透かしたように、象山は耳が見えないのは英雄の相だと言い放ちます。
 続けて、大切なのは機敏であることだと説き、晋作は機敏ではあるが学問がおろそかだと看過します。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
最初に人の風貌を書くと文章書きやすい。
井出浩司
2012/12/03 09:01

コメントする help

ニックネーム
本 文

天気予報


コアラのマーチ


AKB48ブログ集

© AKB48ブログ集
【紅と白 高杉晋作伝】〜関厚夫(61)覚醒篇 遍歴(三) モノトーンの肖像画/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる