モノトーンの肖像画

アクセスカウンタ

zoom RSS 【紅と白 高杉晋作伝】〜関厚夫(72)覚醒篇 出世(四)

<<   作成日時 : 2012/12/14 21:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1




  晋作は死生を超えた境地に達するため、天照大神と不動明王を信仰すると先輩の中谷正亮に告げます。
 天照大神は神道、不動明王は仏教(真言宗)でそもそも宗教が違います。この時代、いや今でも神仏混交はごく当たり前の日本ですが、それでもおかしいことと思い、中谷は吹き出してしまいます。



卑弥呼はふたりいた (晋遊舎新書 S10)
晋遊舎
関 裕二

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 卑弥呼はふたりいた (晋遊舎新書 S10) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
生死を超えた境地っていうのは、僕も味わったよ。
病院待っててて激痛で「こりゃ死ぬわ」と思った時。
集中治療室から4人部屋に移って、隣の人が死んじゃった時。
何か死生観が変わりました。
こういう感じではないかな。
井出浩司
2012/12/15 16:07

コメントする help

ニックネーム
本 文

天気予報


コアラのマーチ


AKB48ブログ集

© AKB48ブログ集
【紅と白 高杉晋作伝】〜関厚夫(72)覚醒篇 出世(四) モノトーンの肖像画/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる