モノトーンの肖像画

アクセスカウンタ

zoom RSS 【紅と白 高杉晋作伝】〜関厚夫(39)覚醒篇 遺言(三)

<<   作成日時 : 2012/11/09 23:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1




  晋作と松陰の対面は続きます。晋作は、父が進めている縁談に難色を示しているのですが、松陰の答えは意外にも、この縁談を肯定します。
 結婚して父母に『孝』を尽くし、任官し藩公に『忠』を尽くせと言うのです。その上で、おのれの正論と正義を主張し、困難や苦痛があれば、抗うことなく身を引きつつ、学問に集中せよというのでした。
 松陰は、今、おのれのこれまでの軽挙な行動を反省し、玄瑞や桂らに自分のまねをするなと諌めます。
 まるで、極左冒険主義を自己批判する新左翼のようです。



精神科医が教える 心が折れない楽しいひとり老後 (晋遊舎新書S02)
晋遊舎
保坂 隆

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 精神科医が教える 心が折れない楽しいひとり老後 (晋遊舎新書S02) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
>極左冒険主義を自己批判する新左翼
久しぶりに聞いた言葉だ。

すでに「民主主義」という言葉も色あせてるみたい。
千*大のグランドフェロー M先生が、「あれだけみんなが言ってた”民主主義”の今のアメリカの実態を見ろ」と偉そうに言っていました。
井出浩司
2012/11/10 14:29

コメントする help

ニックネーム
本 文

天気予報


コアラのマーチ


AKB48ブログ集

© AKB48ブログ集
【紅と白 高杉晋作伝】〜関厚夫(39)覚醒篇 遺言(三) モノトーンの肖像画/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる