モノトーンの肖像画

アクセスカウンタ

zoom RSS 【紅と白 高杉晋作伝】〜関厚夫(37)覚醒篇 遺言(一)

<<   作成日時 : 2012/11/07 21:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1




 江戸に送られた松蔭は、伝馬町の牢屋敷で晋作と対面を果たしました。牢番に金を掴ませて、実現したものです。
 松陰の江戸での入牢は、海外渡航を企てた科以来2度目です。松陰は取り調べの様子を晋作に語り始めました。
 ところで、第24回で松陰が江戸に行く晋作にはなむけの言葉を送る場面が描かれていますが、それが最後の対面だと書かれています。でも今回、再び対面しています。突っ込みどころですね。




【送料無料】 ネコのために遺言を書くとすれば / 木村晋介 【単行本】
HMV ローソンホットステーション R
商品の詳細ジャンル文芸フォーマット単行本出版社本の雑誌社発売日1999年03月ISBN9784938

楽天市場 by 【送料無料】 ネコのために遺言を書くとすれば / 木村晋介 【単行本】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
>突っ込みどころですね。
スゴイところ気がつくね。
書いてるうちに忘れると思います。
実話をもとに、作った話だから。
井出浩司
2012/11/08 16:24

コメントする help

ニックネーム
本 文

天気予報


コアラのマーチ


AKB48ブログ集

© AKB48ブログ集
【紅と白 高杉晋作伝】〜関厚夫(37)覚醒篇 遺言(一) モノトーンの肖像画/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる