モノトーンの肖像画

アクセスカウンタ

zoom RSS 【紅と白 高杉晋作伝】〜関厚夫(34)修行篇 往復書簡(八)

<<   作成日時 : 2012/11/04 21:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2




  江戸にいた桂や玄瑞、中谷など晋作の同志たちは、皆萩に帰郷しました。残された晋作は、手紙ひとつよこさない同志に憤まんやるかたない思いです。特に、義兄弟とも思っていた玄瑞に対しては、その思いはなおさらでした。
 堪えきれなくなった晋作は、ついに玄瑞に書を認めます。手紙を受け取った玄瑞は、晋作の思いをうれしく思いますが、返書には松蔭の身辺に重大な変化が起きていることを記し始めます。



十七帖〈二種〉[東晋・王羲之/草書] (中国法書選 14)
二玄社
王 羲之

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 十七帖〈二種〉[東晋・王羲之/草書] (中国法書選 14) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
この節のタイトルは、「修行」なんだけど、滝に打たれたりしないわけだ。
イメージがちょっと違う。
井出浩司
2012/11/07 11:50
修行というより、遊んでる感じです。
管理人
2012/11/07 21:59

コメントする help

ニックネーム
本 文

天気予報


コアラのマーチ


AKB48ブログ集

© AKB48ブログ集
【紅と白 高杉晋作伝】〜関厚夫(34)修行篇 往復書簡(八) モノトーンの肖像画/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる