モノトーンの肖像画

アクセスカウンタ

zoom RSS 【紅と白 高杉晋作伝】〜関厚夫(57)覚醒篇 立身と心変(こころがわり)(四)

<<   作成日時 : 2012/11/28 22:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1




  晋作はとうとう、幕府の軍艦教授所への入学を拒否、藩に江戸留学の目的を「文学(学問)と撃剣(剣術)」に変更するよう願い出るのですが、許可が下りません。
 父・小忠太の叱責もあり、萩に戻ることになりました。その際、途中の各地にいる学問や剣術の優れた人物に面会し、見聞を広げ、反省の役に立てたいと申し出たところ、あっさりと許可されます。
 この中には、あの松陰が師事した信州の佐久間象山も含まれていました。




弥生農耕集落の研究 南関東を中心に (単行本・ムック) / 浜田晋介/著
CD&DVD NEOWING
★書籍商品の購入に関するご注意コチラ↓より、初回盤・特典の詳細、在庫情報・出荷状況をご確認ください。

楽天市場 by 弥生農耕集落の研究 南関東を中心に (単行本・ムック) / 浜田晋介/著 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
一言で言うと、暴れるの。とかいろんな人と酒飲む(天下の賢人とまじわり)のが好きだった、
っていうことではないか。
*(目的を「文学(学問)と撃剣(剣術)」に変更)
井出浩司
2012/11/28 23:13

コメントする help

ニックネーム
本 文

天気予報


コアラのマーチ


AKB48ブログ集

© AKB48ブログ集
【紅と白 高杉晋作伝】〜関厚夫(57)覚醒篇 立身と心変(こころがわり)(四) モノトーンの肖像画/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる