モノトーンの肖像画

アクセスカウンタ

zoom RSS 【紅と白 高杉晋作伝】〜関厚夫(32)修行篇 往復書簡(六)

<<   作成日時 : 2012/11/02 21:35   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1




 江戸の晋作たちは、江戸という町の大きさに圧倒されていました。そんな江戸を支配する幕府に到底勝ち目がないことも感じ取っていました。萩という地方の辺境にいる松蔭には、天下の大勢が理解できないのではないかとも思い始めていました。
 晋作らの手紙を読んだ松蔭、門弟の一人に失望と怒りを吐露しています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
すでにこの頃千葉市より人口多かったっていうのがすごい。
井出浩司
2012/11/07 11:44

コメントする help

ニックネーム
本 文

天気予報


コアラのマーチ


AKB48ブログ集

© AKB48ブログ集
【紅と白 高杉晋作伝】〜関厚夫(32)修行篇 往復書簡(六) モノトーンの肖像画/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる