モノトーンの肖像画

アクセスカウンタ

zoom RSS 【紅と白 高杉晋作伝】〜関厚夫(48)覚醒篇 萩にて(五)

<<   作成日時 : 2012/11/19 21:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2




  新妻前に晋作は、とまどいます。といっても十分遊んでいる晋作は、そっち方面にまごついているのではありせん。そもそも目の前にいるのは、これまで遊んできた女とは、格も立場も違います。
 どうでもいい、ぎごちない会話が始まりました。



卑弥呼はふたりいた (晋遊舎新書 S10)
晋遊舎
関 裕二

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 卑弥呼はふたりいた (晋遊舎新書 S10) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こういう時は「ヤ*せてくれ。」倒せばいい。
経験1:いきなり倒すと暴れる、時がある。(ヤ*せてれない時)
強姦とかいうが、女が本気になって暴れたら絶対できない。
経験2:そこで「ヤ*せてくれ。」である程度反応を見てから押し倒す。
井出浩司
2012/11/20 13:47
ビートたけちゃんも、ひたすらお願いするそうです。
管理人
2012/11/20 22:15

コメントする help

ニックネーム
本 文

天気予報


コアラのマーチ


AKB48ブログ集

© AKB48ブログ集
【紅と白 高杉晋作伝】〜関厚夫(48)覚醒篇 萩にて(五) モノトーンの肖像画/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる