モノトーンの肖像画

アクセスカウンタ

zoom RSS 【紅と白 高杉晋作伝】〜関厚夫(46)覚醒篇 萩にて(三)

<<   作成日時 : 2012/11/17 14:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1




 小忠太は続けます。松下村塾の門下生は自分たちの意見と異なる者たちは、全て俗論派と切り捨てているが、それによって家臣同士が反目しあうのは、忠義の道に背くのではないかと、危惧するのでした。
 これに対して晋作は、師の松陰を寅次郎と呼び捨てにし、すでに死したものに従うことなどないと、大ウソをつきます。
 しかし小忠太はこれを聞いて大喜び、縁談の話を切り出そうとします。



マンガ霞が関埋蔵金 (晋遊舎ムック)
晋遊舎
高橋 洋一

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by マンガ霞が関埋蔵金 (晋遊舎ムック) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
この辺はしょせん言葉のやり取りだけどね。
井出浩司
2012/11/18 10:51

コメントする help

ニックネーム
本 文

天気予報


コアラのマーチ


AKB48ブログ集

© AKB48ブログ集
【紅と白 高杉晋作伝】〜関厚夫(46)覚醒篇 萩にて(三) モノトーンの肖像画/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる